NBA2014-15シーズンMVPはステファン・カリー

シェアする

NBA2014-15シーズンMVPは、

ステファン・カリー

が受賞!

すごかったもんなー。

ウォリアーズ所属選手がシーズンMVPを受賞したのは、ウィルト・チェンバレン以来初

現地4日、NBAは2014-15シーズンMVP投票結果を発表、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーが受賞した。

カリーは、投票権を持つ130名の記者による投票で合計1198ポイントを獲得。次点はヒューストン・ロケッツのジェイムズ・ハーデン(936ポイント)、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムズ(552ポイント)、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルック(352ポイント)、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビス(203ポイント)だった。

今季のカリーは、レギュラーシーズン1試合平均23.8得点(NBA6位)、7.7アシスト(同6位)、キャリアハイの2.04スティール(同4位)、4.3リバウンドという成績を残し、球団新記録の年間67勝(15敗)に大きく貢献。さらに、2012-13シーズンに自身が記録した当時のNBA記録、年間272本の3ポイントシュート成功を大きく上回る、286本の3Pを今季成功させ、NBA新記録を樹立した。

S・カリーが2014-15シーズンMVPを受賞 | NBA Japan

Stephen Curry Top 10 Plays of 2014-2015 Season

日本人とそんなに変わらない体格なのにほんとにすごい!

ということは、日本人でもNBAで活躍できる道はあるのかも・・・。

2015/5/5(火)のトレログ

@小坂田公園

  1. ドリブル練習 少々
  2. 坂道ダッシュ 少々

@自宅

  1. 四股スクワット 20-20-20
  2. サイドキックスライド 20-20-20-20-20
  3. ランジジャンプ 20-20-20-20-20

近所の小坂田公園まで長男を連れてトレーニング!

20150505

快晴で気持ちの良い「こどもの日」でした♪


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク