ウォリアーズ優勝!MVPはイグダラ!

シェアする

NBAファイナル第6戦、

ウォリアーズが105-97で勝利!

4勝2敗で、40年ぶり4度目のNBAチャンピオンとなった。

ウォリアーズやった!

ウォリアーズおめでとう!

シーズン開始時から応援していたので、とてもうれしいです^^♪

まだゲームを見てないけど、

残り33.2秒で97-101の4点差という接戦だった模様。

最後はウォリアーズがフリースローで逃げ切ったらしい。

イグダラが25得点、5リバウンド、5アシスト、2スティール

カリーが25得点、6リバウンド、8アシスト

ドレイモンド・グリーンが16得点、11リバウンド、10アシストのトリプルダブルをマーク!

グリーンもがんばったね。

トンプソンはどうしたんだろ。

6ファウルで退場したみたい・・・。

キャブズは、

ジェイムズが32得点、18リバウンド、9アシスト、2スティール

スミスが3P9本中4本成功の19得点、5リバウンド

モズゴフが17得点、12リバウンド

トリスタン・トンプソンが15得点、13リバウンド

どちらも役者がそれぞれ仕事をしたという印象。

はやく録画してあるゲームを見たいなぁ。

2015 NBA Finals: Game 6 Minimovie

Best of Phantom: Iggy Sparks Warriors in Spectacular Finals Performance

201cmのグリーンをセンターにしたスモールラインアップ。

5人全員がスリーポイントを積極的に放つ戦術。

それでシーズンを通して勝ち続け、

プレーオフでも勝ち抜いた。

ビッグマンのいないチームにとって、

今後とても参考になるスタイルですね。

よーく研究しよう。

シーズン開幕前、

イグダラは昨年までずっとスタメンだったのに、

「今シーズンはバーンズを成長させたいから」

と、カーHCの方針を受け入れたとのこと。

これは単に若手の育成という意味だけでなく、

ベテラン選手のプレータイムを制限することで、

『シーズン後のプレーオフまで、ベテラン選手の健康状態を保ちたい』

という思惑もあった様子。

だとすれば、その作戦は見事に成功したと言えますね。

バーンズは期待通り成長したし、

ケガ人が多数出た他チームをよそに、ウォリアーズはほとんどケガ人が出なかった。

そして、ファイナル制覇、ベテランのイグダラがMVPに。

すべてがうまく “はまった” 感じ。

ウォリアーズ、おめでとう!!

2015 NBA Finals: Top 10 Dunks

2015 NBA Finals: Top 10 Plays

2015/6/17(水)のトレログ

@駅ホーム

  1. 大胸筋トレ 適量
  2. 体幹トレ 適量

@会社屋上

  1. パワーポジション 1分-1分-1分-1分-1分
  2. アームカール 20-20-20-20
  3. サイドレイズ 20-20-20-20
  4. アッパーレイズ 20-20-20-20


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク