一押しルーキー、クリスタプス・ポルジンギス

シェアする

今年のNBAは将来有望なルーキーがたくさんいますね。

見ていてワクワクします。

■NBA2015年のドラフトTOP10

  1. カール=アンソニー・タウンズ C ミネソタ・ティンバーウルブズ
  2. デアンジェロ・ラッセル PG ロサンゼルス・レイカーズ
  3. ジャーリール・オカフォー C フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
  4. クリスタプス・ポルジンギス PF ニューヨーク・ニックス
  5. マリオ・ヘゾニャ SG/SF オーランド・マジック
  6. ウィリー・コーリー=ステイン C サクラメント・キングス
  7. エマニュエル・ムディエイ PG デンバー・ナゲッツ
  8. スタンリー・ジョンソン SF デトロイト・ピストンズ
  9. フランク・カミンスキー PF/C シャーロット・ホーネッツ
  10. ジャスティス・ウィンスロー SF マイアミ・ヒート

この中からオールスター選手に成長するのは何人出るか。。。

自分が今注目しているのはニックスのルーキー、

クリスタプス・ポルジンギス (Kristaps Porzingis)

です。

Kristaps Porzingis Rookie Mixtape

身長221cm、ウィングスパンは230cm!

長い手足を十分に生かしてプレーします。

一見するとぶつかりあいに弱そうなカラダ付きで、

前評判でもNBAでは即戦力は厳しいと言われていましたが、

シーズンが始まってからは動画の通り、ものすごい活躍を見せています。

リバウンドをダンクでねじ込むシーンが何回もあるし、

フィジカル面でもNBAの中でも全然見劣りしてませんね。

しかもこれほどのサイズでありながらよく走るし、

ミドルから3Pまで打てるほどのシュートレンジがある。

フックシュートもうまい!

まちがいなくニックスの救世主になりますね。

ケガだけしないで欲しいなぁ。

Top 10 NBA Plays: December 9th

デアンドレ・ジョーダン投げ込みダンクすごすぎ。

最高到達点どれくらいなんだろう。。。

2015/12/10(木)のトレログ

@自宅

  1. 8分間連続腹筋レベル1(Youtube)


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク