コービー、引退試合で60得点!

シェアする

ついにこの時が来てしまった。

コービー・ブライアント、現役最後のゲーム。

コービーは最後にどんなプレーを見せてくれるんだろう。

コービーのことだから、最後の最後まで全力でゴールを狙っていくだろう。

例えシュートが入らなくても、これまで通り、シュートを打ち続けるだろう。

入っても入らなくても、コービーらしく貪欲にゴールに向かって欲しい。

そう祈りながら会社でデスクワークをこなし、結果速報を待つ。

すると衝撃のニュースが!!

「コービー、引退試合で60得点!」

な、な、なんと、60得点!?

正直、目を疑いました。

最後の最後で60得点とは・・・

すごい、すごすぎる!

しかも、残り31秒には逆転シュートを決め、

6連敗中だったチームを勝利に導く活躍だったそうな。

Kobe Bryant Drops 60 in Final Game of Career!!

若い時なら簡単にダンクしてそうな場面もレイアップになってたりするけど、

1on1のときの緩急の付け方、“間”の取り方はほんとうにうまい!

3Pがたまたま当たって得点が伸びたかとちょっと想像してしまったけど、

果敢にゴールに向かってる!ガンガン1on1してる!うれしい!

てか、3Pだけじゃ60点まではいかないか(汗)

ちなみに60点は今季リーグ最多で、自身5番目のハイスコアの模様です。

(コービーの自己ベストはみなさんご存じ81得点)

学生時代からずっと憧れていたコービー、

最後の最後までほんとうにスーパースターっぷりを魅せつけてくれました。

ありがとう、コービー!!

やっぱり、コービーのバッシュ欲しいなぁ。

2016/4/14(木)のトレログ

@会社屋上

  1. ドリブル練習 少々
  2. 腹筋 適量

2016041402

今日はコービー引退試合に敬意を表し、レイカーズカラーのボールでドリブル練習しました。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク