カリー2年連続シーズンMVP

カリーが2年連続でNBAシーズンMVPを受賞しました。

2年連続はNBA史上11人目のようです。

今季のカリーはレギュラーシーズン79試合に出場し、

リーグ1位の

  • 1試合平均得点(30.1)
  • 3ポイントシュート成功数(NBA新記録の402本)
  • フリースロー成功率(90.8%)
  • 平均スティール(2.14)

を記録。

さらに6.7アシスト、自己最多となる5.4リバウンドを記録し、

ウォリアーズのNBA年間最多勝利記録(73勝9敗)達成に大きく貢献。

さらにさらにフィールドゴール成功率でも、ガードの中では今季最高の50.4%、リーグ2位の3P成功率45.4%をあげ、

  • 年間FG成功率50%以上
  • 3P成功率40%以上
  • フリースロー成功率90%以上

をマークした史上7人目の選手となりました。

Stephen Curry’s Top 30 Plays of the 2015-2016 Regular Season!

Stephen Curry’s MVP Award Full Speech

今シーズンの活躍を見れば文句なしのMVPでしょう。

投票結果も満場一致でカリーが1位だった模様。

これはあのマイケル・ジョーダンもなしえなかった快挙なんだとか。

■シーズンMVP投票結果(引用元 : NBA Japan

選手(チーム) 1位票 2位票 3位票 4位票 5位票 合計
S・カリー
(ウォリアーズ)
131 1310
K・レナード
(スパーズ)
54 34 26 8 634
L・ジェームズ
(キャバリアーズ)
40 48 34 9 631
R・ウェストブルック
(サンダー)
29 37 28 14 486
K・デュラント
(サンダー)
2 7 22 32 147
C・ポール
(クリッパーズ)
4 3 9 37 107
D・グリーン
(ウォリアーズ)
2 6 18 50
D・リラード
(ブレイザーズ)
1 4 9 26
J・ハーデン
(ロケッツ)
1 1 1 9
K・ラウリー
(ラプターズ)
1 3 6

レブロン、デュラントらスーパースターがいる時代でこの輝き。

NBAの記録を塗り替え続けるカリー、歴史の目撃者になれてうれしいです。


実戦で活かせるドリブル&ハンドリングテクニック集

実戦で活かせるドリブル&ハンドリングテクニックを徹底マスター!

masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク