ウォリアーズがキャブスに先勝

2016NBAファイナル第1戦は、ホームのウォリアーズが104-89でキャブスに快勝。

ウォリアーズはベンチメンバーが大活躍!

リビングストンがプレイオフ自己最多の20得点(8/10)、

イグダラ(12得点)、バルボウサ(11得点)も2桁得点を記録。

ベンチ陣で合計45点と、キャブズのベンチ陣(10得点)を圧倒しました。

2016 NBA Finals Game 1 Mini-Movie

Cavaliers vs Warriors: Game 1 NBA Finals – 06.02.16 Full Highlights

キャブスはアウトサイドを徹底して守ろうとしたけど、

スイッチミスやオーバーディフェンスが目立った印象。

なんというか、やり慣れてない感じが出てた気がする。

一方、ウォリアーズはアウトサイドを守られることに慣れているから、

その逆をつくプレーがうまかった。

カリーとトンプソンは無理にシュートに行かず、

うまくおとりになって、味方のプレーをアシストしてた。

ウォリアーズはチーム全員でしっかりプレーしてましたね。

次戦、キャブスはどう立て直すか。

・・・レブロンのポストアップかな。

2016/6/4(土)のトレログ

@自宅

  1. 梁で懸垂 10-7-5
  2. 腹筋 少々

スポンサーリンク