ウォリアーズがキャブスに先勝

シェアする

2016NBAファイナル第1戦は、ホームのウォリアーズが104-89でキャブスに快勝。

ウォリアーズはベンチメンバーが大活躍!

リビングストンがプレイオフ自己最多の20得点(8/10)、

イグダラ(12得点)、バルボウサ(11得点)も2桁得点を記録。

ベンチ陣で合計45点と、キャブズのベンチ陣(10得点)を圧倒しました。

2016 NBA Finals Game 1 Mini-Movie

Cavaliers vs Warriors: Game 1 NBA Finals – 06.02.16 Full Highlights

キャブスはアウトサイドを徹底して守ろうとしたけど、

スイッチミスやオーバーディフェンスが目立った印象。

なんというか、やり慣れてない感じが出てた気がする。

一方、ウォリアーズはアウトサイドを守られることに慣れているから、

その逆をつくプレーがうまかった。

カリーとトンプソンは無理にシュートに行かず、

うまくおとりになって、味方のプレーをアシストしてた。

ウォリアーズはチーム全員でしっかりプレーしてましたね。

次戦、キャブスはどう立て直すか。

・・・レブロンのポストアップかな。

2016/6/4(土)のトレログ

@自宅

  1. 梁で懸垂 10-7-5
  2. 腹筋 少々


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク