自宅にバスケットゴール設置!

シェアする

自分がバスケを始めた小学生の頃、屋外のバスケットボール施設は皆無で、自宅にバスケットゴールを置く家などほとんどありませんでした。そういう文化がまだ日本になかったような気がします。

今でこそバスケットゴールが置いてある公園や自宅に設置している家が増えましたが、当時はバスケットをするには体育館に行くしかないという状況。バスケが身近ではなかった。そんな時代でしたね。

漫画スラムダンクで、サワキタが自宅の裏庭のバスケットコートで父親と1on1に明け暮れるというシーンを読んでは、いつか自分もそんな家を建てたいなぁと漠然と夢見たものでした。

その夢が、現実に!?

バスケットコートまではかないませんが、おかげさまで我が家にもバスケットゴールを設置することができました。

地面が砂利なのでドリブルをつくことはできませんが、シュート練習はできる!これで少しは自分の練習不足が解消できるかな(汗)雪が積もらないことを祈ります。

■バスケットゴール 楽天

■バスケットゴール amazon

気が付けば、今日は大晦日。2017年もあと数時間を残すのみとなりました。今年の最後にNBA2017のダンク特集を見て年越しをしようと思います^^

Top 100 Dunks From 2017

それでは皆さま、よいお年を!

2017/12/30(土)のトレログ

@自宅

  1. シューティング 少々


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク