期限ぎりぎりでキャブスが電撃トレードを断行!若返ったキャブスはこれから盛り返す!?

シェアする

まもなくオールスターを迎えるNBA。毎年オールスターを楽しみに心がウキウキするこの時期は、大物選手の突然のトレードに驚かされることも多いですね。今年はどんなトレードが成立するか、と見守っていたら!

トレード期限ぎりぎりで、キャブスがものすごいトレードを断行しました!

■キャブスから放出

  • ドウェインウェイド(36歳) → ヒート
  • デリックローズ(29歳) → ジャズ
  • ジェイクラウダ―(27歳) → ジャズ
  • イマンシャンパート(27歳) → キングス
  • アイザイアトーマス(29歳) → レイカーズ
  • チャニングフライ(34歳) → レイカーズ

■キャブスに加入

  • ジョーダンクラークソン(25歳) ← レイカーズ
  • ラリーナンスJr(25歳) ← レイカーズ
  • ロドニーフッド(25歳) ← ジャズ
  • ジョージヒル(31歳) ← キングス

いやぁ、これは驚いた!

あれだけメディアを騒がせて、アービングの代わりにセルティクスから強引に獲得したアイザイアトーマスを放出するとは!血も涙もないと感じた人も多いはず。

ただ、トーマスはレブロンの相性は良くなかったというか、レブロンがボールキープする時間長くて、トーマスがなんのためにコートにいるのかわからない状態が多かったから、お互いにとって良かったのかもと思います。

ウェイドはヒートに戻ってくれて、個人的にはとてもうれしい。やっぱりウェイドと言えばヒート。ヒートのスーパースター。ヒートで引退するまでがんばってほしいです。

デリックローズは・・・いったいどうなってしまうんだろう。

キャブスはこのトレードで選手がかなり若返ります。以前からレブロンの周りはスピードがあって、運動量の多い選手で固めた方が良いんじゃないかと考えているわたし。レブロンがプレーメーカーになることが多い(やりたがり?)けど、若い選手がひっかきまわして、そこにレブロンが走り込んでフィニッシュ、という得点パターンが最強だと思うんですよね。

キャブスはこれから調子を上げそうな予感がします。

Cleveland Cavaliers vs Oklahoma City Thunder Full Game Highlights / Feb 13 / 2017-18 NBA Season

LeBron James Leads Cavs to 4th Straight Win With 37/8/8 | February 13, 2018

新生キャブス、さっそく調子良さそうです。ジョーダンクラークソンとラリーナンスJrがチームにエナジーを注いでます。この勢いが続けば、キャブスが一気に巻き返すかもしれない。

NBAの後半戦はおもしろくなりそうです。

2018/2/14(水)のトレログ

@会社屋上

  1. 片足腕立て 50
  2. 体幹トレーニング 各1分

今日の昼休みは温かくて春の陽気でした。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク