ニックスにアレン・アイバーソンが復帰!?その真相は・・・

シェアする

楽天TVで、「ウォーリアーズ VS ニックス」のゲームを見ていたら、

ニックスの選手にアレン・アイバーソンに似ている選手を発見!!

こちらは先月(2018年1月14日)ニックスと契約したトレイ・バークTrey Burke) という選手。

私は一瞬、「あれ?アイバーソンが出てきた!?現役復帰したの??」とおもわず自分の目を疑ってしまいました。

いやぁ、びっくりした!

トレイ・バークの身長は185cmとアイバーソンと同じくらいで(ちなみにアイバーソンは183cmと言われている)、ヘアスタイルは同じコーンロウ

アイバーソンはもう記憶の中に存在しているので、YouTubeでアイバーソンを検索して比較してみました。

トレイバーグ

アイバーソン

んー、こうやって比べると似てはいるけど、目のパッチリ具合がちょっと違うかな。アイバーソンの目のほうがクリクリしてますね。

そして、トレイ・バークとアレン・アイバーソンの決定的な違いを発見!

それはこちら!

手足の長さ!

トレイ・バークの手足が短いなんてことは全然ないんだろうけど(日本人に比べればはるかに長いだろうけど)、アイバーソンの手足は異常に長い!長すぎる!

んー、アイバーソンはカラダが細いから余計に手足が長く見えるのかな。この身長、体格でNBAの得点王を取ったなんてほんとにすごいや。

久々にアイバーソンのハイライト動画を堪能しましょう。

NBA Allen Ezail Iverson SuperPlay (アイバーソンのスーパープレイ)

チームバスケ全盛の現代、アイバーソンの超個人プレーっていうのは、今見るとすごく新鮮。いや、アイバーソンの個人技を生かすために、周りの選手が動くことも、チームバスケの一つのカタチか。ほんとに唯一無二の存在、特別な選手だったなぁ。

トレイ・バークも見ていて期待感のある選手。今後の活躍に期待します^^

2018/2/25(日)のトレログ

@自宅

  1. ロードワーク 5km
  2. 片足腕立て 50
  3. スタビライゼーション 各1分

2018/2/27(火)のトレログ

@会社屋上

  1. ドリブル練習 適量


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク