ウォーリアーズとロケッツの初戦は見ごたえ十分!どっちも凄まじかった!

シェアする

ウォーリアーズロケッツの初戦、

会社の昼休みに1時間がっつり見ました!

いやぁ、凄まじい試合だった!

事実上のファイナルと呼ぶにふさわしい、

ものすごい見ごたえでした。

ハーデンの3Pで始まったこの試合、

序盤はホームのロケッツがリズムをつかみました。

ハーデンが立て続けにアンストッパブルな1on1で切り崩し、

他の選手がノーマークシュートを次々に決めていくビッグウェーブ。

レギュラーシーズンでは、一度このビッグウェーブ起こると、

いつも20点くらい一気にリードを広げていました。

完全にロケッツの必勝パターン。

一方のウォーリアーズはシュートが決まらず、

「もしかして、このままワンサイドゲームになる?

と思えてしまう立ち上がりでした。

しかし、

さすがはウォーリアーズ。

だれ一人焦ることなく、冷静に着実に決め返していきました。

ロケッツのビッグウェーブが弱まったところをつくというか、

波が押し寄せているときは我慢して、波が引くときに責め立てる

最終的には波を完全に押し返し、自分たちのペースをつかむ。

緩急ついた”ゲーム運びの巧さ”を感じました。

ウォーリアーズ 119 – 106 ロケッツ

アウェイのウォーリアーズが先勝。

ウォーリアーズ、やっぱり強いや。

The Beard, KD Battle In Clutch City!

Top 5 Plays of the Night | May 14, 2018

ロケッツはハーデンが41得点7リバウンドのほか、

  • クリス・ポールが23得点、11リバウンド
  • エリック・ゴードンが15得点
  • クリント・カペラが12得点、6リバウンド

ウォーリアーズはデュラントが37得点のほか、

  • トンプソンが3P6本成功(成功率40%)で28得点、
  • カリーが18得点、8アシスト、
  • グリーンが5得点、9リバウンド、9アシスト

どちらも役者がそれぞれ持ち味を発揮。

だったんだけど、

ウォーリアーズはハードディフェンスされてもしっかりボールを動かし、

ロケッツは終始1on1に偏り、アシストプレーが少なかったように見えました。

【この試合のアシスト数】
・ウォーリアーズ:24
・ロケッツ:18

ウォーリアーズはベンチから出てきた

ショーン・リビングストンもすごく良かったなぁ。

スタメンが休んでいる時間のあの一押し。

あれは大きい!

第2戦も楽しみだなぁ。

だれ一人、ケガ人が出ないことを祈ります。

2018/5/15(火)のトレログ

NBA観戦でさぼってしまった…orz


えぇ!DFをあっさり抜くドリブルの秘訣を公開!?
実戦で活かせるドリブル&ハンドリングテクニックを徹底マスターしたいあなた必見です

《参考》masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク