まさかこんなことが!?ロケッツ版デスラインナップが元祖デスラインナップを粉砕!

シェアする

ウォーリアーズロケッツ第2戦

第1戦同様、今回もがっつり見ました!

この試合も見ごたえが半端なかった!!

まだ見ていないあなた、まずはTOP5動画をどうぞ。

Top 5 Plays of the Night | May 16, 2018

プレイオフでは、ウォーリアーズのスモールラインナップ

通称「デスラインナップ」が注目を集めてきましたが、

この試合の途中、ロケッツはインサイドで攻守の要である、

208cmカペラを下げ、198cmPJ・タッカーを投入!

ロケッツもスモールラインナップで対抗!

なんとロケッツも、スモールラインナップを採用!

ロケッツがまさかのデスラインナップを使ってきました!!

■ウォーリアーズのデスラインナップ

  • ステフィン・カリー 190cm / 86.2kg
  • クレイ・トンプソン 201cm / 97.5kg
  • アンドレ・イグダーラ 198cm / 97.5kg
  • ケビン・デュラント 206cm / 108.9kg
  • ドレイモンド・グリーン 201cm / 104.3kg

《平均:身長199.2cm / 98.88kg》

■ロケッツのデスラインナップ

  • クリス・ポール 183cm / 79.4kg
  • エリック・ゴードン 193cm / 97.5kg
  • ジェームズ・ハーデン 196cm / 99.8kg
  • トレバー・アリーザ 203cm / 97.5kg
  • PJ・タッカー 198cm / 111.1kg

《平均:身長194.6cm / 97.06kg》

しかもなんと、ロケッツの方がウォーリアーズよりも、

平均身長で5cmも低い!

超スモールラインナップです。

ただ、平均体重は1kgしか変わらない。

ロケッツの方がムチムチが揃っているってことですね。

中でもPJ・タッカー111kgが際立ってる。

PJ・タッカーは2mないにもかかわらず、

全然インサイドで当たり負けない。

この試合では特にディフェンスのハッスルプレーで、

チームを大いに盛り立てていました。

ロケッツは第1戦ではハイピックを多用して、

あまりボールを動かさなかったけど、

この第2戦ではどんどんパスを回していました。

特に上記の超スモールラインナップを敷いたときの

ロケッツのファイブアウトオフェンスは、

ウォーリアーズ顔負けのパッシングを展開。

第1戦のようにハーデンとポールの1on1にこだわらず、

ボールムーブを積極的に行っていました。

このオフェンスのキーマンは、間違いなくクリス・ポール

これほどのパス回しは、ポール抜きでは成立しないでしょう。

早いパス回しからノーマークで高確率の3P、

それを止めにこられたときに逆を突いて、

ドライブ、またはスペースへカッティング。

アリーザのカッティングが効果的でした

いつもウォーリアーズが他チームを圧倒してきたやり方を、

この試合ではロケッツが実行しました。

ゴードンの3P、ドライブ、アリーザのカッティングが、

ウォーリアーズディフェンスを完全に粉砕しました。

特にゴードンの集中力は鬼気迫るものを感じたなぁ。

27得点(3P:6/9)と大活躍のゴードン

Eric Gordon Takes Off & Leads Houston To WCF Game 2 Victory

この超スモールラインナップはオフェンスだけでなく、

ディフェンスもすごかった!

ウォーリアーズのシューターたちをしつこく追い回し、

ムチムチのフィジカルコンタクトでシュート確率を下げることに成功。

ウォーリアーズはパスが回らず、良いシュートが打てなかった。

(そんな中、38得点したデュラントはこれまたすごい)

まさに、この超スモールラインナップは、

ウォーリアーズを倒すための

ロケッツ版デスラインナップ

ウォーリアーズを倒すために何が必要か

だけを考えてチームを再構築したという、

ロケッツのGMが目指した1つの答えに見えました。

[ウェスタン・カンファレンス・ファイナル第2戦]
ウォーリアーズ
105127 ロケッツ

第2PD以降、リードを保持し続けたロケッツが、

大差をつけて勝利。

試合後、ロケッツのマイク・ダントーニHCが、

どのチームが相手でも勝てる

とコメントしたのも、うなづける勝ち方でした。

それにしても、第1戦からこれだけ大きく戦術を変更できるのはすごい。

しっかり準備していたんだろうなぁ。

しかし、これで終わらないのがプレイオフの面白いところ。

戦績はまだ1勝1敗のイーブン。

次の対戦までにお互いどんな対策を練り、

第3戦ではどんな戦術を使ってくるか。

ますます楽しみが増えました。

次の第3戦も待ちきれない…

2018/5/17(木)のトレログ

@会社屋上

  1. プッシュアップ 40-30-20
  2. アームカール 20-20-20
  3. サイドレイズ 5kg 20-20-20
  4. フロントレイズ 5kg 20-20-20

今日は上半身デー!

昨日の下半身トレーニングでケツの筋肉痛がひどい。。。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク