スピードなくても相手を置き去り!ナッシュの得意技「Hip Swivel」とは

シェアする

かつてNBAに、

スピードも、パワーも、身長もない

にもかかわらず、

得点、アシストを量産し、

MVPまで獲得したスーパープレイヤー

が存在しました。

その選手の名は、

スティーブ・ナッシュ!

画像引用元:Wikipedia

ナッシュは、

・驚異的なシュート力

・高いバスケIQ

を持ち合わせていたことはもちろん、

スピードに頼らない緩急をつけたドライブ

で、相手ディフェンスを置き去りにし、

自ら得点、味方へアシストを供給し続けました。

実は、ナッシュはドライブの際、

あるテクニックを多用していました。

ナッシュはそのあるテクニックを使うことで、

身体能力のハンディキャップをものともせず、

どんどんドライブを仕掛けていきました。

もしあなたが、

相手ディフェンスよりも、

スピードも、パワーも劣っていたとしても、

このナッシュのテクニックをマスターすることにより、

楽々とドライブすることが可能になります!

それではそのテクニックの名を発表しましょう!

そのテクニックとは、

Hip Swivel(ヒップスウィブル)

です!

・・・と、

偉そうに語ってきましたが、

Hip Swivel(ヒップスウィブル)

という言葉、恥ずかしながら、

私は初めて聞きました ^^;

久しぶりにYouTubeで

ナッシュの動画をあさっていたら、

この「Hip Swivel」という単語が、

たくさん出てきたんですね。

海外ではドライブのテクニックとして、

個別に練習することがあるようです。

(最近は日本でも?)

ということで!

今日は、スティーブ・ナッシュが得意としていた

Hip Swivel(ヒップスウィブル)について特集します。

Nash Hip Swivel

Hip = お尻
Swivel = 旋回(回転)する

横向きの状態からお尻をキュッとひねり

ゴールに正対し、そこからドライブ!

ヘジテーション(一瞬止まるように見せる)

と言えば、そうかもしれない。

一瞬の緩急で相手を置き去りにしていますね。

この動きは、アイザイア・トーマスも、

良くやってる気がする。

このHip Swivelは、

相手ディフェンスを下がらす

のに効果的で、

ディフェンスとの距離感が重要な

ピック&ロール

にも応用できます。

スティーブナッシュ〜ピックの極意〜

ナッシュ本人によるピック&ロールの直接指導。

教わっている人がうらやまし過ぎる。

以下はナッシュのアドバイス。

「まずは自分のDFを離さないとスクリーナーのDFにもプレッシャーをかけられない」

「だからまずは相手と距離を取る必要がある」

「DFにファイトオーバーされないために、DFを下げたい」

「もし君がDFよりスピードもパワーも劣っているのなら背中を相手に向けるんだ」

「だけどこのままじゃよくない」

「だからヒップスウィブルと呼ばれる技を使う」

「1on1の時と同じ状態にするためにね」

ピック&ロールは、まずDFを下げることが重要。

相手DFより自分にスピードがあれば、

それだけで振り切れるけど、

スピードで振り切れない場合、

どうするか。

背中を向けた状態で相手DFを押し込み、

スクリーンの位置よりもDFが下がったら、

Hip Swivel(ヒップスウィブル)を発動!

前を向き、ドライブが仕掛けられる状態をつくって、

そこからドライブをしかける。

ピック&ロールの指導なんだけど、

ドライブの重要性を語っているように見えます。

ピック&ロールはドライブで崩すことで初めて、

スクリーンに引っ掛けることができる。

ピック&ロールは、結局はボールマンのドライブで、

相手を崩せるかどうかが大事ってことですね。

そのためにはゴールと正対して、左右どちらにも、

ドライブできる状況を作る必要がある。

その状況にもっていくために、

Hip Swivel(ヒップスウィブル)

が有効ということ。

次の動画では、1分31秒~2分12秒のところで、

Hip Swivelを使ったピック&ロール

をたくさん見ることができます。

(↓再生すると1分31秒から始まるようにしてあります)

STEVE NASH PICK & ROLL SETUP + ANGLE HIPS

さすがは、ナッシュ。見事なピック&ロール。

サンズ時代のスタウドマイヤーとのピックは、

破壊力抜群だったなぁ。

なつかしい。

YouTubeで「Hip Swivel」と検索すると、

練習ドリルがたくさん見つかったので、

以下にピックアップします。

(自分の練習のために・・・)

#AskCoachDrew: How to do the Bradley Beal Hip Swivel

Basketball Moves: The Hip Swivel with Coach Drew Hanlen

Hip Swivel Tutorial (Isaiah Thomas Hesitation)

4 Swivel Hesi Moves — Hesitation Crossover Moves (in 2018)

Hip Swivelのポイントは、

・お尻キュッのキレ

・ゴールに正対したときの低姿勢

と私は見ました。

なんとなくHip Swivelに近い動きを

自分もやってるような気がするけど、

そこら辺をもっと意識して練習してみよう。

身長なし!

スピードなし!

パワーなし!

3拍子揃った自分にとって、

このHip Swivelは必須のテクニック!

練習します!

2018/5/18(金)のトレログ

@会社屋上

  1. ドリブル練習 Hip Swivelの練習

Hip Swivel、いざやってみたら、難しかった。。。

しばらく練習してみます。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク