レブロン以外が引っ張るキャブスは強い!執拗なカリーアタックは諸刃の剣!?

シェアする

日曜日にイーストファイナル第3戦

本日月曜日にウェストファイナル第3戦!

どちらも点差が開く、ワンサイドゲームになりました。

まずはイーストファイナル第3戦の結果!

[イーストファイナル第3戦]
キャブス
 116 – 86 セルティックス

2連敗と追い込まれたキャブス。

この1戦に負ければ、シリーズ逆転はほぼ不可能。

この負けられない試合で奮起したのが、

ジョージ・ヒル!

出だしから、ジョージ・ヒルが積極的に攻め、

キャブスを引っ張ってた。

あんなにアグレッシブなヒルは久々に見たなぁ。

Top 5 Plays of the Night | May 19, 2018

しかし、トップ5プレー全てレブロン絡みという。。。

ジョージ・ヒルの頑張りも少しはクローズアップしてくれれば良いのに。

でも、レブロンすごかったからしょうがない。

レブロンは27得点、12アシスト

ターンオーバーは3のみ

1位のバックドアからのリバースダンクは、

見ていて思わず「うわっ!」と声が出てしまった。

LeBron James Drops DIMES in Game 3 Victory!

やはり、レブロン以外がプレーメーカーになるときの

キャブスは恐ろしく強いすな。

それにしてもセルティックスは元気なかった。

第2戦とまるで別チームに見えました。

確かにキャブスはディフェンスがんばっていたけど、

どちらかというと、自分たちのミスで自滅したように見えました。

この1戦で流れがキャブスに傾くか。

第4戦、どんな展開になるか。

そして、ウエストファイナル第3戦の結果!

[ウエストファイナル第3戦]
ウォーリアーズ
 126 – 85 ロケッツ

出だし、ロケッツオフェンスは、

カリーのところを重点的に攻め、

ウォーリアーズディフェンスを攻略。

一方、ウォーリアーズはディフェンスが機能せず、

オフェンスもリズムをつかめない。

このままロケッツがリードを広げるか、

そう思った矢先、カリーの3P炸裂!

それでも、ロケッツオフェンスは、

執拗にカリーを攻めたけど、

カリーの心は決して折れることはなかった!

ロケッツのカリーアタックが徐々に決まらなくなり、

ロケッツはペースダウン。

逆にウォーリアーズは、カリーの攻守にわたる活躍で奮起。

ディフェンスからのブレイクでリズムに乗りました。

結局、カリーは3Pを5本決め、35得点の大活躍

40点の大差でウォーリアーズが勝利しました。

Top 5 Plays of the Night | May 20, 2018

Stephen Curry Goes OFF In The 3rd Quarter 7-7 FGM! To Help Lead Dubs To Game 3 Victory

ロケッツも第2戦とはまるで別チーム。

あの勢いはどこへ。。。

途中、ロケッツ版デスラインナップも使ってたけど、

一度火が付いたウォーリアーズは止められず。

カリーアタックにこだわりすぎなのか、

第2戦のようなパス回しは見られず、

第1戦で負けたときと同じく、

ボールを止めて1on1が目立ってた。

ここまでカリーアタックにこだわったのは、

今後の第4戦、第5戦を見据えて、

カリーの体力を消耗させる作戦!?

第4戦、ロケッツの出方に注目です。

2018/5/20(日)のトレログ

@長野東高校

  1. 練習試合 1ゲーム + 10分×2

4月の県大会以来となる、

ANTELOPESのチーム練習。

長野東高校と練習試合させていただきました。

8人集まり、チームオフェンスの良い練習ができました。

長野東高校の皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

来月の高校総体長野県予選、がんばってください。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク