レブロン44得点!キャブズ連勝で2勝2敗に

シェアする

イーストファイナル第4戦、

第3戦で傾いた流れそのままに、

キャブスが連勝!

[イーストファイナル第4戦]
キャブス
 111 – 102 セルティックス

第3戦に続き、この第4戦も、

キャブスは序盤、レブロン以外がアグレッシブ!

今日はJR・スミストリスタン・トンプソンが、

果敢にゴールアタックし、ゲームを作りました。

カイル・コーバーも良かった。

仲間の攻めの合間を縫うように、

レブロンが高確率で得点を重ねるという、

キャブスの最強スタイル

第1PDでキャブスが34-18と、

大量リードを奪いました。

Top 5 Plays of the Night | May 21, 2018

この試合もトップ5プレーの全てにレブロンが絡んでます(笑)

レブロンは結局44点も取ったんだけど、

この試合では無理なプレーがほとんどなかったなぁ。

LeBron James Defends The Land In Game 4 To Tie Series 2-2

セルティックスはこの試合でもパス回しが封じられ、

1on1に頼らざるをえない状況に追い込まれてた。

リズムが作れず、シュート確率が上がらない。

後半は思い切りの良いプレーで少し挽回したけど、

出だしのビハインドが大きすぎました。

これがキャブスの作戦?

1on1なら負けないという自信あっての戦略かもしれない。

これでそれぞれホームで2勝ずつ。

2勝2敗のイーブン

次戦、キャブスの勢いがこのまま続くのか、

ホームのセルティックスが調子を取り戻すのか。

シリーズの分かれ目になりそうです。

2018/5/22(火)のトレログ

@会社屋上

  1. プッシュアップ 50-30-10
  2. アームカール 5kg 20-20
  3. サイドレイズ 5kg 20-20
  4. フロントレイズ 5kg 20-20
  5. ドリブル練習 Hip Swivelの練習

今年も汗対策が必要な陽気になりました。

屋上に水道あればなぁ。。。

【特売】花王 8×4 MEN デオドラントスプレー 無香料
by カエレバ


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク