大波がぶつかり合う死闘!ロケッツが勝利して2勝2敗のイーブンに

シェアする

ウエストファイナル第4戦

まずウォーリアーズが12-0とリード、

しかし、ロケッツが逆転して逆に10点リード、

それをウォーリアーズが逆転して10点リード、

それを終盤ロケッツが逆転して5点リード、

最後にウォーリアーズが迫るが・・・

という、ものすごい試合だった。。。

こんなリードチェンジが目まぐるしい、

大波がぶつかり合うような死闘!

こんなのなかなかお目にかかれない。

そして、

この死闘を制したのはロケッツ!

[ウエストファイナル第4戦]
ロケッツ
 95 – 92 ウォーリアーズ

どっちも一度リズムをつかむと、ものすごい勢いが出る。

10点リードなんてリードのうちに入らない。

ほんとに両方ともすごいチームです。

Best Plays From Down The Stretch: Rockets vs Warriors

Top 5 Plays of the Night | May 22, 2018

ウォーリアーズはイグダラが膝のケガ?

変わりにルーニーがスタート。

今日はデスラインナップは不可能。

どうなるかなぁと心配していたけど、

ウォーリアーズは第3戦の勢いそのままに、

スタートダッシュに成功!

トンプソン、カリー、ルーニー、グリーン、デュラントと、

全員得点で、12-0とウォーリアーズがリード

ロケッツはピック&ロールからインサイドを攻めるも、

ウォーリアーズのディフェンスローテーションが早く、

全然得点できない!

まさかの開始5分間ノーゴールで、ロケッツはタイムアウト。

その後、途中出場のエリック・ゴードンがハッスル!

ゴードンのがんばりで1桁点差でついていく。

均衡した展開が続く中、2PD終盤、

ハーデンクリス・ポールの3Pが当たりだし、

一気に追いついて逆転!

ウォーリアーズは連続ターンオーバーから速攻を許し、

さらにクリスポールに3Pを決められ、逆にロケッツが10点リード!

カリーが3ファウルでベンチに下がっていたわずか3分間くらいで、

で一気にゲームをひっくり返してしまった・・・。

第2PDは、ロケッツ 34-18 ウォーリアーズ

ロケッツの34点のうち、ハーデンとポールだけで29得点

ロケッツの爆発力、凄まじい。

ところが、第3PD中盤、

今度はカリーの3P炸裂!!

遠目から一発、続けてカペラを振り切って一発!

ウォーリアーズが63-62と逆転!

さらに!

グリーンがノーマークで3Pを打つと見せかけて、

コーナーに回ってきたカリーへパス!

このウォーリアーズ得意のカタチから、

カリーの3Pがもう一発決まる!

カリーの3連発3P炸裂!!!

勢いに乗ったウォーリアーズは、

トンプソン、デュラント、カリーと

連続得点!!

80-70と今度はウォーリアーズが10点リードして最終PDへ。

しかし、

そのままでは終わらなかったロケッツ。

クリスポールが1on1で切り崩し、得点、アシスト。

アリーザがリバウンド、ルーズボールに奮闘。

徐々に点差を縮め、残り5分でロケッツが逆転に成功!

ここからは息の詰まる攻防!

ハーデンの1on1などでロケッツが5点リードまでいくも、

カリーがバスカンを決め、2点差!

ここで、

ゴードンが3Pを決め、再び5点差、残り2分!

デュラントがフリースローを2本決め、3点差、残り1分半!

グリーンがフリースローを1本決めて、2点差、残り30秒!

ハーデンのステップバック3Pが外れて、

リバウンドを取ったグリーンはデュラントへパス。

2点差、残り12秒!

デュラントが持ち込み、コーナーのトンプソンにパス。

トンプソンの3Pか、と思ったら、

アリーザにクローズアウトされて打てず!

ドリブルで詰めて無理な体制で、

フェイダウェイジャンパー!

しかし、

このシュートは決まらず、

タイムアップ!!

と思ったら、

残り0.5秒でファウルがあった模様。

クリス・ポールのフリースロー。

2本とも決めれば、4点差で勝負が決まる場面、

しかし、これの1本目を外し、2本目がイン。

0.5秒だから、2本目はわざと外せばと思ったけど・・・

2点差だと逆転される可能性があるから?

3点差なら最悪決められても延長だから?

特にロケッツがそのことを迷うそぶりもなく、

ポールは普通に2本目を決めました。

3点差となり、ウォーリアーズタイムアウト。

見事なセットプレーからカリーがマークを外し、

ブザーとほぼ同時に3Pを放つ!!

しかし、

これが決まらず、万事休す。

ロケッツが大接戦をものにしました。

お互い激しいディフェンスで持ち味をつぶし合う中、

スーパースター、サポート選手が大活躍!

こんな試合、なかなか見られません。

いやぁ、ほんとにすごい試合だった。

これでウエストファイナルも、

戦績は2勝2敗のイーブン

こちらも次戦がシリーズの分かれ目になりそうです。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク