ロケッツがファイナル進出に王手!しかし、クリス・ポールが・・・

シェアする

ウエストファイナル第5戦、

大注目のこの一戦は、

序盤から激しいディフェンスで守り合いが続き、

途中から両チームそれを上回るオフェンスで得点、

一進一退の攻防が続く中、

試合終盤まで1点を争う息の詰まる展開、

残り2.4秒、

94-96でロケッツを追っていたウォリアーズが、

・・・

痛恨のターンオーバー!

落ち着いてフリースローを沈め、

ロケッツが勝利!

[ウエストファイナル第5戦]
ロケッツ 98 – 94 ウォーリアーズ

いやぁ、クリス・ポールがすごかった!

1on1からビッグショット決めまくり!

完全にゲームを支配しました。

The Rockets Defeat The Warriors in EPIC Game 5!

Chris Paul & Stephen Curry Battle In Game 5 Of The Western Conference Finals

Top 5 Plays of the Night | May 24, 2018

ウォーリアーズはこの試合もイグダラが欠場。

またしてもデスラインナップ使えず。

イグダラ、ジャージ着てなかったけど、

もしかして膝のケガは重症だったのか。

代わりにスタメン出場はルーニー

このシリーズ、

ロケッツはピックスクリーンでスウィッチさせ、

カリーを攻め立てる作戦だったけど、

前回の試合から標的をルーニーに変更。

この試合もだいぶルーニーのところから、

ロケッツオフェンスは突破口を開いてた。

中外で相手エースにマッチアップできて、

速攻のミドルマンになれて、

パス回しも早いイグダラ。

イグダラがいてこそ完成するデスラインナップ

ウォーリアーズはイグダラ欠場の影響がとても大きいすな。

ロケッツは、

ジェラルド・グリーンの連続3P、

エリック・ゴードンの24得点、

PJタッカーのリバウンドとルーズボール!

みんな大活躍。

【ロケッツの主なスタッツ】

  • エリック・ゴードン:24得点
  • クリス・ポール:20得点、7リバウンド、6アシスト
  • ジェームズ・ハーデン:19得点
  • クリント・カペラ:12得点、14リバウンド

ウォーリアーズは主力が頑張ったけど、

ベンチメンバーの活躍がもう少し欲しかった。。。

【ウォーリアーズの主なスタッツ】

  • ケビン・デュラント:29得点
  • クレイ・トンプソン:23得点
  • カリー:22得点、7リバウンド、6アシスト、4スティール
  • グリーン:12得点、15リバウンド

この勝利でロケッツが3勝2敗

ファイナル進出に王手!

しかーし!!

残り1分を切った場面で、

クリス・ポール右ハムストリングを負傷!!

足を引きずりプレー続行不可能。

これはおそらく、次戦の出場は難しいんじゃないか。

そうなるとロケッツ、これは大きな痛手。

ケガ人なし、万全の状態でこの対戦を見たかったけど、

あれだけ激しい死闘を続けていたら、やっぱり故障者出ちゃいますよね。。。

ついにウォーリアーズが敗れ去るときがくるのか。

それとも、ここからもう1段階ステップアップするのか。

ケガ人を抱えた状態での第6戦。

チームの総合力が問われそうです。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク