イースト、ウエストとも決着は『第7戦』へ!

シェアする

イーストファイナル第6戦、

セルティックスが勝ってファイナル進出を決めるのか、

キャブスが勝って第7戦に持ち込むのか。

レブロンの活躍が勝負を決める!

そう予想と期待をしていましたが、

・・・

レブロン大活躍!

46得点、11リバウンド、9アシスト、3ブロック!!

キャブスが勝利!

[イーストファイナル第6戦]
キャブス 109 – 99 セルティックス

第4PD残り8分、ラリーナンスJr.と接触し、

足を痛めてしまったレブロン

それでもコートに立ち続け、負傷後に12得点!

このタフさは人間を超えてますね。。。

LeBron James Forces G7 With HISTORIC Performance

Top 5 Plays of the Night | May 25, 2018

これでシリーズの戦績は、3勝3敗!

泣いても笑ってもあと1試合!

キャブスはケビン・ラブ脳震とうにより、第7戦の欠場が決定。

レブロンの負傷具合も気になるところです。

ホームで圧倒的な強さをほこるセルティックスが勝つか、

レブロンの奮闘により勢いを取り戻したキャブスが勝つか。

ここまで『第7戦』で圧倒的な活躍を見せてきたレブロン。

次の試合もレブロンが勝敗を決めるような気がします。

LeBron James Best Buckets From His 7 40-Point Games This Postseason

一方のウエストファイナル第6戦、

追い込まれたウォーリアーズがどんな戦いを見せるか

予想通り、ロケッツはクリス・ポールは欠場。

ウォーリアーズもイグダラが3戦連続欠場。

お互い、キープレイヤー抜きでの対戦。

序盤から固さの見えるウォーリアーズをしり目に、

ロケッツは伸び伸びとプレーし、高確率で得点を重ねました。

いきなりロケッツが2ケタリード!

カリーデュラントも全然シュートが入らない!

ノーマークでは打っているけど、入らない!!

ここにきてロケッツはハーデンの調子も上がって、

PJタッカージェラルド・グリーンの3Pも決まる万全の体制。

あれよあれよとロケッツが17点?20点近いリードに。

これは、ついにウォーリアーズ負けてしまうのか。。。

と思ったら!!

後半、ウォーリアーズのシュートが入りまくる!

特にクレイ・トンプソンがすごかった!!

それに同調するかのようにカリーも決めまくる!

あれよあれよとウォーリアーズが一気に逆転!

ウォーリアーズが後半を64-25と圧倒!

大差で勝利しました。

[ウェストファイナル第6戦]
ウォーリアーズ 115 – 86 ロケッツ

Klay Thompson’s 35 Points Helps The Warriors Force A G7!

Top 5 Plays of the Night | May 26, 2018

クレイ・トンプソンが3Pを9本決め35得点

カリーも29得点スプラッシュブラザーズが大活躍!

デュラントも安定の23得点。

この3人が活躍したらウォーリアーズは負けないすね。

これでこちらもシリーズ戦績は、3勝3敗!

流れをつかむと手が付けられなくなる両チーム。

第7戦』、流れを先につかむのはどちらか!!


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク