ファイナル第1戦!オーバータイムまでもつれる接戦に!!

シェアする

NBAファイナル2018がついに開幕!

第1戦は、

・・・

オーバータイムにもつれる接戦の末、

・・・

・・・

ウォーリアーズが勝利!

[ファイナル第1戦]
ウォーリアーズ 124 – 114 キャブス

ウォーリアーズのワンサイドゲームになるかもなぁ、

なんて呑気に見始めたら、キャブスが、

というかレブロンが大活躍!

超高確率でシュートを決めまくり、

前半だけで24得点!

レブロンの大活躍に引っ張られ、

序盤はキャブスがリード。

さらに開始6分、

クレイ・トンプソンJR.スミスが接触!!

まさか!

これは今話題のタックル!?

一瞬、足が変な方向に曲がってる!?

これは重症かも。。。

苦悶の表情で痛がるトンプソン。

治療のため、いったんロッカールームへ。。。

JR.スミスには会場から大ブーイング。

でもこれはわざとでは・・・ない、かな、

と私は見ました。

そう信じましょう。

潰しにいったらあきません。

トンプソンがいない間にリードを広げるキャブス。

しかし、ウォーリアーズも早いパス回しから得点し、

徐々に調子が上がる!

幸いトンプソンは軽傷だったらしく、

治療後、2PDにはコートに戻ってきた。

(よかった)

前半終了時、カリーブザービートが決まり、

56-56の同点で後半へ。

3PD、ウォーリアーズはビッグマン、

ジャベール・マギーを投入。

マギーの高さをうまく生かし、

ウォーリアーズがペースをつかむ。

しかし、マギーは完全ノーマークのゴール下で、

まさかのダンクミス。。。

そのミスのせいなのか、

元々すぐに交代する予定だったのかはわかりませんが、

わずか6分でベンチに戻ってしまったマギー。

スモールラインナップじゃないウォーリアーズを

久々に見たけど、

キャブス相手ならこの方が良いんじゃない?

と思えた時間帯でした。

マギーのプレー、もっと見たかったなぁ。

その後、一気にウォーリアーズが

リードを広げそうな雰囲気があったけど、

キャブスが粘る!!

あっという間にレブロン30得点オーバー。

プレイオフで30得点以上した試合数で、

マイケル・ジョーダンの記録に並んだ模様。

この並び。。。

今、伝説を目の当たりにしてるんだなぁ。

試合は一進一退の攻防が続き、勝負は終盤へ。

残り4.7秒、1点ビハインドの場面で、

ジョージ・ヒルがフリースロー。

しかし、これを1本しか決められず、

107-107の同点でタイムアップ。

勝負はオーバータイムへ。

Stephen Curry Scores 29 To Lead Dubnation To A 1-0 Lead In the ’17-’18 NBA Finals

LeBron James’ Epic Performance In Game 1 Of The ’17-’18 Finals

オーバータイムはウォーリアーズが圧倒!

得意のパスワークが冴え、キャブスを寄せ付けませんでした。

最後の最後、ウォーリアーズは、

  • カリー
  • トンプソン
  • リビングストン
  • デュラント
  • グリーン

の5人がプレー。これが強かった!!

本来なら、イグダラなんだろうけど、

リビングストンでも十分いけてた。

第2戦以降、この5人の新デスラインナップの時間が増えるかもしませんね。

結局レブロンはこの試合、

ファイナルでは自己最多の51得点に加え、

8リバウンド、8アシスト!

ほんとに化け物でした。。。

だけど勝てないキャブス。

レブロンがこれだけ好調でも勝てなかった。

この敗戦のダメージは大きい。。。

試合終了間際、

ヒートアップした選手同士の小競り合いが勃発。

そういえば、一昨年ウォーリアーズが負けたときは、

グリーンが出場停止処分を受けてたっけ。

ファンとしては、誰一人欠けることのない、

真剣勝負が見たいですね。

2018/6/1(金)のトレログ

  • なし!

腰痛のため、今週1週間休養中。

また一からやり直しだ。。。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク