ファイナル第2戦!マギースタメンで大活躍!!

シェアする

NBAファイナル2018

第2戦!

ウォーリアーズは、

ジャベール・マギーがスタメン出場!

(うれしい^^)

開始からマギーの2連続ダンクで、

リズムをつかんだウォーリアーズ。

そのままリードを奪い、

一度も逆転されることなく、

ウォーリアーズが勝利!

[ファイナル第2戦]
ウォーリアーズ 122 – 103 キャブス

キャブスもレブロンケビン・ラブジョージ・ヒルあたりが、

要所で高確率にシュートを決めて、なんとか逆転できそうな得点差で粘ったけど。。。

ウォーリアーズのタフなディフェンスからの

トランジションに対応できず、最後は20点差に。

残り3分以上を残して、主力はベンチに下がりました。

カリーは3P×9本ファイナル記録を樹立

33得点、7リバウンド、8アシストと大活躍!

※これまでの最高記録は2010年にレイ・アレンが記録した8本でした。

もう見ていてシュートが落ちる気がしない。

ここにきてカリーが全開です。

Stephen Curry Records Finals RECORD 9 made 3pt FG in Game 2 | 2018 NBA Finals

第1戦はデュラントのシュートタッチが悪くて、

それにキャブスはだいぶ助けられていた感があったけど、

この試合はいつものデュラントに戻ってた。

26得点、9リバウンド、7アシスト!

さらにクレイ・トンプソン20得点

こうなってしまうと、キャブスに勝ち目はないすね。

Kevin Durant Was EFFICIENT in Game 2 Victory | 2018 NBA Finals

キャブスはレブロン29得点、9リバウンド、13アシスト

トリプルダブルに迫る十分な活躍だったけど、、、完敗。

キャブスがどうというより、ウォーリアーズが強すぎる。。。

Stephen Curry & Lebron James Duel In The Bay! | Game 2 ’17-’18 NBA Finals

ウォーリアーズはサポートメンバーも大活躍!

マギーが12得点、リビングストンも10得点。

なにがすごいって、二人ともシュートミス無し!!

Shaun Livingston & Javale McGee Combine To Miss ZERO Shots In Game 2 | 2018 NBA Finals

イグダラの代わりにリビングストンが入った、

新デスラインナップ

はこの試合でも健在だったし、

ウォーリアーズの3Pを警戒するキャブスに対し、

マギーのインサイドはめちゃくちゃ効果的でした。

これでシリーズ戦績は、

ウォーリアーズの2戦2勝

キャブスのホームコートに移る第3戦、

キャブスは一矢報いることができるか。。。

2018/6/4(月)のトレログ

@会社屋上

  1. プッシュアップ 50-20-10
  2. アームカール 5kg 30-30
  3. サイドレイズ 5kg 20-20
  4. フロントレイズ 5kg 20-20
  5. ドリブル練習 Slim Rubberしながら軟式ボールキャッチ

トレーニング再開!


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク