ファイナル第3戦!デュラント大爆発!イグダラも復帰でウォーリアーズ盤石

シェアする

NBAファイナル2018

第3戦!

ホームに戻ったキャブスがスタートダッシュに成功!

JR.スミスケビン・ラブのシュートタッチが良く、

高確率にどんどん加点!

さらにいきなりレブロンビッグプレーが炸裂!

自分でボードに当てて、それをそのままダンク!!

LeBron’s AMAZING Pass To Himself For The Slam From All Angles!

伸び伸びとプレーするキャブスに対し、

ウォーリアーズはカリートンプソンのシュートが、

全く決まらず。

ウォーリアーズはイグダラがついに復帰したものの、

まだまだ調子をつかめない状態。

序盤にキャブスが10点くらいリード

流れ的には20点くらい差が開きそうな勢い。

ホームとアウェイで、こんなに調子が違うのか。。。

しかし、

シュートが入らないウォーリアーズ選手の中で、

ただ一人、ケビン・デュラントだけが、

要所で着実にシュートを決め続ける。

完全にキャブスペースで試合が進むものの、

10点以上あった点差は気が付けば無くなり、

前半終了時にはデュラントのブザービート炸裂!

58-52キャブスが6点リードして後半へ。

後半、ディフェンスからのトランジションで、

ウォーリアーズが逆転に成功。

キャブスは足が止まってしまった。。。

しかし、キャブスはロドニー・フッドの得点で、

粘りを見せ、お互い主導権を渡さない。

第4PDはシーソーゲームの様相。

リードチェンジを繰り返す大接戦!

どちらに転ぶか分からない展開の中、

ウォーリアーズが1点リードで残り2分半、

ここで違いを生み出したのは・・・

ウォーリアーズ!

イグダラのナイスディフェンスからの速攻で、

ここまで3Pを9本打って成功0

絶不調だったカリーが、10本目の3Pで・・・

ついに決めた!!

ここで決めるのがスターですね。

これでウォーリアーズが4点リード。

しかし、キングレブロンも意地を見せ、

3Pを決め返す!

がしかし!

ウォーリアーズはイグダラがダンクを決め、

3点リード、

さらに、

デュラントが遠目から3Pをズドン!!

これがとどめの一撃となりました。

ウォーリアーズが勝利!

[ファイナル第3戦]
ウォーリアーズ 110 – 102 キャブス

All The Best Moments From a Thrilling Game 3 Between The Cavaliers & Warriors | 2018 NBA Finals

Kevin Durant’s EPIC 43 Point Performance In Game 3 | 2018 NBA Finals

いやぁ、スリリングなナイスゲームだったなぁ。

カリートンプソンがシュート不調でも、

ウォーリアーズにはデュラントがいる。

3人そろって不調になることはまずない。

デュラントはファイナルキャリアハイの

43得点、13リバウンド、7アシスト!!

おまけに序盤こそ動きの悪かったイグダラも、

試合終盤には調子を取り戻し、持ち味を発揮。

これにより本来のデスラインナップが復活!

ウォーリアーズ、盤石な体制が整いました。

ウォーリアーズの3戦3勝

ファイナル制覇に王手!

キャブス、絶対絶命です。

2018/6/7(水)のトレログ

@会社屋上

  1. キャッチボール
  2. ドリブル練習
  3. Slim Rubberで下半身トレーニング 少々
  4. 懸垂 10-10


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク