ウォーリアーズがスウィープで2連覇達成!MVPはケビン・デュラント

シェアする

NBAファイナル2018

第4戦!

序盤からウォーリアーズがリード、

しかし、キャブスも粘り、

前半はなんとかついていく。

しかし、後半、キャブス失速。

ウォーリアーズのボールムーブに対し、

徐々に対応できなくなったキャブス。

結局、最大25点差がつく圧勝劇で、

ウォーリアーズが勝利!

[ファイナル第4戦]
ウォーリアーズ 108 – 85 キャブス

ウォーリアーズ、2連覇達成です。

Top 5 Plays Of Game 4 | 2018 NBA Finals

このTOP5の第2位のプレー

前半終了間際、レブロンを前に、

カリーが遠目から決めた3P。

これがこの試合の勝敗を決めたように思います。

Stephen Curry’s 37 Points Helps The Warriors Win The 2018 NBA Title

カリーは3Pを15本中7本決めて、37得点!

この試合で優勝を決めるんだ!という

意気込みがあふれるプレーでした。

Kevin Durant’s TRIPLE DOUBLE Helps The Warriors Win The 2018 NBA Title

ディラントはプレイオフでキャリア初となる

トリプルダブルを達成!

20得点、12リバウンド、10アシスト

ファイナルでは第1戦こそ不調だったけど、

残りの3試合は安定感抜群。

特にミスマッチになったときの

決定力の高さは、何度もチームを救いましたね。

シューターを抑えるために、

どうしてもスウィッチが多くなる。

そこをデュラントのミスマッチアタックで

攻められるともう止めようがない。。。

2018 NBA Finals Game 4 Mini-Movie

ファイナルMVPは、デュラント

インパクトではカリーかなとも思いましたが、

安定感、チームへの貢献度を考えると、

デュラントが妥当なのかな。。。

近年のNBAでは、

ウォーリアーズに対抗するため?

なのか、スモールラインナップで

3Pを武器とするチームが増えました。

でもウォーリアーズはさらにそこから進化して、

マギーの高さを使うオプションも実装。

そこがキャブスとの大きな差になったのかなと思います。

ウォーリアーズ、強すぎる。。。

これは3連覇も十分ありますね。

さて、これでNBAはシーズンオフ。

楽天TVの契約どうしようかな。。。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク