相手を左右に揺さぶられるようになるドリブル練習(動画有り)

シェアする

今日はYouTube見つけた、

相手を左右に揺さぶられるようになるドリブル練習

をご紹介します。

教えてくれるのは、

NBAでパーソナルトレーナーをしている

Drew Hanlen(ドリュー・ハンレン)さん。

彼のクライアントには、

  • ブラッドリー・ビール
  • アンドリュー・ウィギンス
  • ジョーダン・クラークソン
  • ザック・ラビーン

などNBAのトップ選手がずらり。

今回紹介するドリブル練習動画は、

そのNBAトップ選手たちが、

ハンドリング向上のために

やっているというドリル。

このドリブル練習をマスターすれば、

あなたもNBA選手並みの左右への揺さぶりができるようになる!!

それではご覧ください。

#1 Drill For SHIFTY Handles with NBA Skills Coach Drew Hanlen

ハンレンさん、必死に説明してくれるけど、

英語のために何言ってるかよくわからない。

それに声が異常に高い(←関係ないけど)。

と困っていたら、

日本語の字幕付き動画を発見!

訳してくれた方に感謝です。

【和訳】敵を揺さぶれるようになるハンドリング練習

このドリルは大きく分けて、

基本編応用編の2つ。

基本編は、

  1. インサイドアウト
  2. クロスオーバー
  3. レッグスルー
  4. ビハインド

の4つをその場で繰り返す。

これはよくある練習ですね。

しかし、この基本編だけでは、

動きは覚えるけどまったく脳に

働きかけないものになってしまう。

ということで、応用編

応用編はこの4つのうち、

3つ目のときにボールがある手とは反対側に跳ぶ

というアクションを入れる。

応用編の動きを文字に起こすと、

  1. インサイドアウト
  2. クロスオーバー
  3. レッグスルー
  4. 反対側に跳ぶ
  1. ビハインド
  2. インサイドアウト
  3. クロスオーバー
  4. 反対側に跳ぶ
  1. レッグスルー
  2. ビハインド
  3. インサイドアウト
  4. 反対側に跳ぶ
  1. クロスオーバー
  2. レッグスルー
  3. ビハインド
  4. 反対側に跳ぶ

ここまでがフルセット。

これでまた始めに戻り、繰り返す。

ハンレンさんいわく、

もし君がこのフルセットを遅めのスピードで2週途切れることなく出来たら、その時点で君はかなりのドリブルスキルがあることになるし、もし試合と同じスピードで出来たら、君はほとんどのNBA選手以上のスキルを手に入れていることになる。

ほほぅ、この応用編を2週途切れることなくできれば、かなりのドリブラーということですな。

まずは基本編にチャレンジ。

これは、まぁ・・・

一応、一通りできました。

でも、目線を下げずにやること、

スピードアップが課題。。。

続いて、応用編にチャレンジ!

・・・

・・・

・・・??

・・・???

・・・orz…

全然できない!!

3つ目に逆に跳ぶと次のドリブルを忘れてしまう!

忘れないように頭で数えながらゆっくりやると、逆に跳んだ後のドリブルがおぼつかない!

むずい!!

ほんとは動画を撮影してアップしよう

と思ったのですが、

あまりにも出来がひどいため、

動画撮影は断念しました。

練習して出来るようになったら、

アップしたいと思います。。。

2018/6/22(金)のトレログ

@会社屋上

  1. ドリブル練習 Drill For SHIFTY Handles

 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク