バスケ日本代表、チャイニーズ・タイペイに勝利してアジア一次予選突破!

シェアする

昨晩は寝ることができたでしょうか?

大盛り上がりのW日本代表戦でした。

サッカー日本代表は悔しい逆転負け…。

勝てるチャンスがあっただけに、

悔し過ぎる惜敗。

「このチームでもう1試合やってほしい」

戦っている選手、スタッフも、

現地で応援したサポーターも、

深夜にテレビの前で観戦したあなたも、

全員が心から期待したくなる

日本代表チームだったのではないかと思います。

【2分でわかるロシアW杯】つかみかけた夢 日本、初の8強を逃す 日本×ベルギー

みなさん、お疲れさまでした。

感動をありがとう!!

一方、

バスケ日本代表は、、、

チャイニーズ・タイペイ

100点ゲームで快勝!

4連敗の崖っぷちから、

まさかの2連勝!

FIBAワールドカップアジア一次予選突破

を決めました!

日本 108 – 68 チャイニーズ・タイペイ

ニック・ファジーカス選手(川崎)32得点11リバウンド
比江島慎選手(三河)17得点6アシスト
馬場雄大選手(A東京)13得点5アシスト
富樫勇樹選手(千葉)12得点4アシスト

ファジーカス選手が、

32得点、11リバウンドと大暴れ。

アンストッパブル。

サイズがあって当たり負けせず、

ゴール近くのフローターから、

距離のある3Pまで、

シュート全般がうまい!

それでいて、視野が広く、

アシストもできる。

間違いなく日本史上最強の助っ人でしょう。

さらに今回の日本代表は、

ダンク連発!

馬場選手がダンク2本

八村選手もダンク1本炸裂!!

二人ともディフェンスがついてても、

ダンクに行けるところがすごい!

これも過去の日本代表にはなかったこと。

見ていてワクワクしますよね。

Chinese Taipei v Japan – Highlights – FIBA Basketball World Cup 2019 – Asian Qualifiers

この日のTOP5プレー

前回1点差で負けた相手との試合とは

思えないほどの快勝でした。

ファジーカス、八村の加入により、

一気に強くなったバスケ日本代表。

これに渡邊雄太が加わったら、

一体どこまで強くなるんだろう。。。

「このチームがどこまでいけるか見てみたい」

戦っている選手、スタッフも、

現地で応援したサポーターも、

深夜にテレビの前で観戦したあなたも、

今後に期待を膨らませた試合内容でしたね。

これからの日本代表の活躍を全力で応援します!

寝不足の一日、がんばって乗り切りましょう!

スポンサーリンク

追記:オーストラリアとフィリピンが乱闘!?

オーストラリアフィリピンの試合で乱闘騒ぎがあった模様。。。

FIBA WC qualifier Philippines vs Australia brawl and 5 vs 3 aftermath

スポーツにあるまじき暴力行為。

この結末はどうなったんだろう。。。

没収試合にならないのかな。。。

2018/7/2(月)のトレログ

@自宅

  1. 梁で懸垂 15-10-6
  2. じっくりストレッチ(W日本代表戦を応援しながら)


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする