これができればNBA選手レベル!?「Drill For SHIFTY Handles」にチャレンジ!

シェアする

先日ご紹介した、

相手を左右に揺さぶられるようになるドリブル練習

《過去記事:相手を左右に揺さぶられるようになるドリブル練習(動画有り)

あれから数日練習して、

なんとかカタチにはなったので、

自撮り動画を撮影!

YouTubeに動画をアップしました。

お手本は、

NBAパーソナルトレーナー

Drew Hanlen(ドリュー・ハンレン)さん

のこの動画。

#1 Drill For SHIFTY Handles with NBA Skills Coach Drew Hanlen

【和訳】敵を揺さぶれるようになるハンドリング練習

おさらいとして、

このドリルは大きく分けて、

基本編応用編の2つ。

基本編は、

  1. インサイドアウト
  2. クロスオーバー
  3. レッグスルー
  4. ビハインド

の4つをひたすら繰り返す。

まずはこの基本編にチャレンジ!

Drill For SHIFTY Handles[基本編]にチャレンジ]

その場でただドリブルをつくのは、

実践的ではない気がしたので、

前進しながらやってみました。

んー、スピードがない。

ボールも暴れてて安定感もない。

下手だなぁ。

まだまだ練習が必要だ。。。

基本編すらマスターできていませんが、

かまわず、応用編に進みます。

応用編はこの4つのうち、

3つ目のときにボールがある手とは反対側に跳ぶ

というアクションを入れる。

  1. インサイドアウト
  2. クロスオーバー
  3. レッグスルー
  4. 反対側に跳ぶ
  1. ビハインド
  2. インサイドアウト
  3. クロスオーバー
  4. 反対側に跳ぶ
  1. レッグスルー
  2. ビハインド
  3. インサイドアウト
  4. 反対側に跳ぶ
  1. クロスオーバー
  2. レッグスルー
  3. ビハインド
  4. 反対側に跳ぶ

ここまでがフルセット。

これでまた始めに戻り、繰り返す。

こうして文字にするとわかりやすいんだけども、

実際ドリブルしてやってみると・・・

むずい!

全っ然できない!!

はじめは全くできませんでした。

その後、数日練習をかさね、

ようやくここまで来ました。。。

Drill For SHIFTY Handles[応用編]にチャレンジ]

・・・だんだんスピードが遅くなっていく(悲)

これ、やってるうちにわけがわからなくなるんですよ。

脳がパニックを起こす。。。orz

4つの動作の3つ目で反対側に跳ぶ

これが私にとっては激ムズでした。

なんというか、4拍子に3拍子が混ざるというか。。。

リズム感が乏しいせいかなぁ。

(ピアノも両手で引けなかったし)

ハンレンさんの言葉

もし君がこのフルセットを遅めのスピードで2週途切れることなく出来たら、その時点で君はかなりのドリブルスキルがあることになるし、もし試合と同じスピードで出来たら、君はほとんどのNBA選手以上のスキルを手に入れていることになる

横へ跳ぶ距離が短いし、

ドリブルも遅いし、

視線も下がりがちだけど、

なんとかギリギリ、

遅めのスピードで2週途切れることなく

はクリア!

ということは、

かなりのドリブルスキルがある!!

と自分を慰めておきます(苦笑)

NBA選手レベルを目指すあなたは、

ぜひ一度チャレンジしてみてください ^^

2018/7/3(火)のトレログ

@会社屋上

  1. ドリブル練習 Drill For SHIFTY Handles

この日の長野市は最高気温33度!

昼休みの屋上は灼熱でした。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク