バスケを楽しむ気持ちを大切に

シェアする

北信越国体が終わり、チーム長野の練習は1週間だけお休み。この2カ月間の練習、大会の疲れを癒し、来週から再び、チーム練習を開始します。

その合間をぬって・・・

市内の体育館で息子たちとバスケの特訓!

今回は基礎の基礎、ボールのコアをとらえるハンドリング練習と、簡単なドリブル練習をメインに特訓。んー、フロントチェンジが難しいなぁ。。。

で、さいごはレイアップシュートの練習でフィニッシュ。いや、正確に言うと、さいごのさいごはバスケじゃなく、バドミントンでフィニッシュでした(笑)。まぁ、小さい頃はいろんなスポーツをやった方が運動神経の発達には良いかな・・・ ^^;

大人でも、子どもでも、

バスケを楽しむ気持ち

これが大事だなぁとしみじみ感じます。

バスケを夢中で楽しんでいるとき、無我夢中の状態になったときにこそ、最高のパフォーマンスを発揮できる。私はそう信じています。

バスケを夢中で楽しんでいるときの、あのキラキラした目の輝きは、大人も子どもも変わりませんね ^^

自分がプレイヤーのときはもちろん、コーチをしているときも、その気持ちを大切にしようと思います。

2018/8/25(土)のトレログ

@自宅

  1. 梁で懸垂 20-10
  2. 腕立て 適量
  3. ゆりかご腹筋

 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク