ナッシュみたいにピック&ロールがうまくなりたい!

シェアする

スティーブ・ナッシュが殿堂入り。NBAのYouTubeチャンネルナッシュの動画がアップされていました。

おー、なつかしいと何気なく見始めたら、いつの間にかプレーに見入ってしまった(笑)

Steve Nash’s Best Play Each Season Of His NBA Career!

安定感のあるボールコントロール、オフバランスでもアシスト、フィニッシュを決められるバランス感覚、そして、ピックスクリーンを使いながらの相手ディフェンスとの駆け引き、間合いの取り方!ナッシュほんとにうまい。

ナッシュの全盛期、、、今から15年くらい前かな、当時の日本バスケではまだピック&ロールはほとんど導入されていなかった・・・と思う(少なくとも自分の周りでは)。

NBAの録画放送で、ナッシュとスタウダマイアーのピック&ロールをよく見ていたけど、自分の感覚としては、どこかNBA限定の特殊なプレーのような気がしてた。なんというか、他人事だったんですよね。

それがいつの間にか日本バスケ界でも当たり前に使われるようになり、いつしか自分のチームのオフェンスとしても取り入れるようになって・・・。

いざ、自分がピック&ロールのボールハンドラーをやってみたら、これがめちゃくちゃ難しかった!ドリブルミスするわ、スティールされるわ、パス出せないわでヒドイもんでした。まぁ、今もヘタだけど。

自分が幼少期に教わったバスケットは、 ドリブルする時は 「まっすぐゴールに向かう」「一歩でズバッとディフェンスを抜く」ってものだったから、このピックスクリーンを使って、ドリブルしながら相手ディフェンスの位置を見て状況判断をする(ドリブル or パス or シュート)って経験がほぼなかった。

そもそも、まっすぐ前に向かうドリブル練習しかしてこなかったから、横にスライドしたり、後ろに下がるドリブル(リトリート)が絶望的に下手なんですよね。そもそもドリブル練習の種類も量も圧倒的に少なかった。

今は YouTubeで、 たくさんの具体的なドリブル練習メニューを知ることができる 。良い時代になりました。自分がミニバス時代にこの環境があれば、もっとドリブル練習したのになぁ。

Never Too Late!

よし、練習しよう!

NBAスキルコーチが教える30秒のタイトなハンドリング練習(動画有り)
今日はYouTube見つけた、 「30秒のタイトなハンドリング練習」 をご紹介します。 教えてくれるのは、 ...
今はこのハンドリングドリルがスムーズにできるように練習してます

2018/9/7(金)のトレログ

@会社屋上

  1. ドリブル練習

 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク