信州大学バスケ部古澤先生退任式にOB,OG大集結!

シェアする

大学バスケ部の恩師、古澤栄一先生の退任式が開催され、70人を超える信州大学バスケ部のOB、OGが集まりました。

退任のスピーチ 古澤先生

私は古澤先生には本当にお世話になりました。いや、今もまだまだお世話になり続けています ^^;

古澤先生は信州大バスケ部の監督だけでなく、北信越学生選抜の監督として、さらに長野県成年男子の監督としても活躍。

自分はその3つのチーム全てで、古澤先生に指導してもらったし、大学卒業後、ANTELOPESを創立してからは、練習試合の相手を何度もしてもらってきたし、自分が成年男子の監督をやるようになってからは、たくさんのアドバイス、サポートをいただきまくり。。。

約40年もの長い間、学校の勤務時間外に、ご家族との貴重な時間を削って、コーチングに心血を注いでくれた古澤先生。心から感謝しています。

そういえば、、、

高校時代(うわっ!もう20年も前のことだ)、ウインターカップ長野県予選の決勝戦がテレビ放送されたとき、古澤先生が解説者として出演されていて、私のプレーにこんなコメントをしてくれました。

コービーブライアントのようなムーブですねぇ

テレビ放送を盛り上げるためのリップサービスであることは重々承知だけれど、この一言をモチベーションに、この行き過ぎた一言にいつか追いつけるようにって、練習に明け暮れたっけ。。。

振り返れば、大学入学前から、先生のお世話になっていたんだなぁ ^^;

古澤先生、本当に長い教員生活、お疲れ様でした。

でも、

これからもまだまだお世話になりますよ! ^^


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク