渡邊雄太がNBAのコートで日本人初ダンク!

シェアする

プレシーズンマッチが行われているNBA。

グリズリーズと2Way契約を結んでいる渡邊雄太選手が大活躍しました!

Yuta Watanabe has a Strong Performance for Memphis in Overtime Thriller! | 2018 NBA Preseason

長いリーチを生かしたシュートブロック、パスカットからミドルラインを走り、リターンパスをレイアップでフィニッシュ、さらに、ルーズボールをひろってからの、

ボウスハンドダンク!!

いやぁ、すごい!ついにNBAのコートでダンクを決める日本人が現れてしまった。こんな時代が来るとは。。。

ルーズボールをひろった時点で前にノーマークの味方がいるにもかかわらず、自分でダンクに持ち込む貪欲さは、NBAで契約を勝ち取るためのメンタリティでしょう。なんとも頼もしい。

そして、極めつけは、3点ビハインドの場面でのクラッチスリーポイント!!

渡邊雄太、もってるなぁ。

相手ディフェンスの上から、ジャンプショットでしっかりと打ち切っている。これはヘッドコーチからの信頼が上がったんじゃないかなぁ。チームメイトにもみくちゃにされて祝福される様子は、すっかりNBA選手の一員に見えますね。

オーバータイムでも、ディフェンスを勝ち割る力強いドライブ、ピックスクリーンからのストップジャンプショットと大活躍。21分の出場で11得点3リバウンド。ロスター入りに猛アピールできました。

試合後のインタビューは、当たり前だけど、完全に英語。当たり前だけど、当たり前に英語で会話しているのはすごい。

ぜひともレギュラーシーズンで渡邊選手の活躍が見たいです。

そろそろ楽天TVを再契約せねば。。。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク