バスケはリズムだ!リズム感を高めて運動パフォーマンス向上!!スポーツリズムトレーニング受講してきました

シェアする

1年以上前にFacebookの広告で見かけて、それからずっと気になっていた

スポーツリズムトレーニング」。

なんでも、2015年6月に設立された一般社団法人スポーツリズムトレーニング協会(略称STAR)が、リズムを通じて運動能力を高めることを目的として「スポーツリズムトレーニング」の開発・普及を行っているんだとか。

「リズムを変える。すべてが変わる。」

日本人はリズム感が悪いと言われていますが、これは遺伝的なものではありません。リズムに触れて体を動かす環境が少ないためです。

スポーツリズムトレーニングはリズム感を高めることで、運動パフォーマンスを向上させる画期的なトレーニングです。

リズム感を高めることで動きにメリハリが付き、パフォーマンスの向上のみならず、怪我の予防にもつながります。

一般社団法人スポーツリズムトレーニング協会(略称STAR)は、リズムを通じて運動能力を高めることを目的とした「スポーツリズムトレーニング」の開発・普及を行うため2015年6月に設立されました。

一般社団法人スポーツリズムトレーニング協会

リズム感を高めることで運動パフォーマンスが向上するとな。

これは興味津々。どんなものか体験してみたい。

リズム感の乏しい自分のためはもちろん、育成年代(幼少期~ゴールデンエイジ世代)のトレーニングとして、ぜひ知っておきたい!

しかし、スポーツリズムトレーニング協会の本部は岡山県にあるため、講習会の開催地は関西がメイン。全然近くで開催されない。。。

近くでやってくれないかなぁと、ずっとチャンスをうかがっていたところ、今回、お隣の愛知県で開催が決定!

これは行くしかない!!

ということで、

先日(10月末)、ついにスポーツリズムトレーニングの「ディフューザー(普及員)養成講習会」を受講しに行ってきました!

始発(6:31)の特急しなのに飛び乗り、いざ愛知県岡崎市へ。

始発電車に乗ったにもかかわらず、開始時間の10時に間に合わなかった(汗)

10分ほど遅刻してしまい、講師、他の受講者の皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました(すみません)。

岡崎市って遠いのね・・・。

まずは座学で基礎知識を頭に詰め込みました。学んだのはこんなこと。

  • 日本人はリズム感が悪いと言われるけど、それは遺伝的なものではなく、リズムに触れて体を動かす環境が少ないため
  • 日本人でもトレーニングでリズム感を高めれば、運動パフォーマンスを向上させることができる
  • リズム感が良いと筋肉の収縮と弛緩がスムーズに行え、動きに”緩急(メリハリ)”が生まれる
  • 日本人の多くは「1・2・3・4」という4拍子のリズムしかない。でも8拍子、16拍子のリズムをもつと、2倍、4倍の細かい動きが可能となる

ブラジル人サッカー選手独特の動きは、サンバの細かいリズムに基づいているんだとか。

ラジオ体操で育った日本人の4拍子じゃ、16拍子のサンバには対抗できなくて当たり前すね。。。動きの細かさに4倍も差があったらツイテイケルワケナイヨ。

NBAにもヒップホップ好きの選手、ダンスが得意な選手が多い。

緩急のあるプレーや、見ていてリズミカルなプレーは、リズム感が影響してるんだろうなぁ。

脳へのインプットが一通り終わったところで、実技へ。

まずは手拍子で”裏拍(うらはく)”を取る練習から。

裏拍
四拍子で「1と2と3と4と…」とリズムを取った時の、「と」の部分

そして、リズムに合わせてカラダを動かす実技へ。

はじめはその場で上半身と下半身を単調に動かす練習。

そこから上半身だけ裏拍を取る、下半身だけ裏拍を取るなど、上下で違うリズムの動きへ。

・・・ムズイ!!

全然うまくいかない!

カラダだけでなく、脳からも汗が出まくり。

でもここまでは、準備運動。

ここから、いよいよスポーツリズムトレーニングに発展!

以下の写真のような1本のラインを跨ぎ、リズムに合わせてトレーニングを行いました。

2時間かけ、リズムに合わせたたーくさんの動きを実践!

言葉ではなかなか伝えられないので、協会の公式サイトより動画を拝借します。

こんなようなトレーニングをやりました。

↓  ↓  ↓

STAR CM Ver1 – 多くのアスリートが取り入れているトレーニング

STAR CM Ver2 – 全てのスポーツにおいてリズムは大切である

STAR CM Ver3 – リズムを変える全てが変わる

いやぁ、疲れた。。。

基本的に”つま先ジャンプ”の動きが多く、前日の練習試合で下半身が重度の筋肉痛になっていた私は、途中からふくらはぎの筋肉がつってしまった(やせ我慢で最後までなんとか乗り切りました)。

できないことばかりで、リズムに合わせてカラダを動かすことの難しさを痛感したけど、でも、リズムに合わせてカラダを動かすってすごく楽しい!

音楽に合わせて動くだけウキウキ感があるし、始めできなかった動きができるようになる楽しさも味わえる。

夢中になって楽しみながら、筋力を鍛えられて、リズム感も鍛えられる。

スポーツリズムトレーニング体験、なかなか素晴らしかったです。

実技の後、最後に筆記試験

と言っても、当日の講習を受けた人なら誰でもわかるような問題のみ。

私を含め、受講者全員(12人くらい)、無事合格となりました。

人間は音楽を聞くと、本能的にカラダが動き出してしまう生き物。

きつい、つらいトレーニングも、ノリノリの音楽に合わせてできれば、楽しんでこなすことができる・・・はず!

スポーツのパフォーマンスに大きく影響すると言われる「リズム感」。

今後、育成年代へのアプローチとして、スポーツリズムトレーニングを取り入れてみようと思います。

参考までに、

幼少期からスポーツリズムトレーニングをやっていると、小学校1年にして、6年生レベルの身体能力を手に入れられるようです。

↓  ↓  ↓

STAR CM Ver4 – リズムジャンプを初めよう!!

このスポーツリズムトレーニングは、プライオメトリクス系の動きが多いから、瞬発力がつくんだろうなぁ。

まぁ、個人差もあるでしょうけどね ^^;

スポンサーリンク