馬場雄大の強烈ダンク炸裂!!渡邊雄太と八村塁抜きの日本代表がカタールに快勝!

シェアする

FIBAワールドカップアジア地区2次予選、

日本がカタールに快勝しました!

日本 85 – 47 カタール @富山市総合体育館
JPN|20|11|30|24|=86
QAT|15|17|8|7|=70

渡邊雄太選手と八村塁選手抜きということで、戦力的に不安を抱えた今回の日本代表でしたが、大差をつけ危なげなく勝利!

躍動する日本代表のプレー満載のハイライト動画がこちらです!

↓  ↓  ↓

Japan v Qatar – Highlights – FIBA Basketball World Cup 2019 – Asian Qualifiers

前半を31-32とカタールにリードされた日本代表でしたが、第3PDを30-8と圧倒して一気に逆転。そのままリードを広げ、大差で勝利しました。

上のハイライト動画にもありますが、日本代表をビッグウェーブに乗せたのが、馬場雄大選手の強烈なダンク!!(ハイライト動画の43秒あたりから)

地元富山で、満員に埋め尽くされた観客の前で、この強烈なダンク!!

めちゃくちゃ気持ち良かっただろうなぁ。

ダンクを決めた直後、馬場選手本人が雄たけびを上げていますが、自分もこの会場で観戦していたら、迷わず立ち上がって雄たけびを上げたことでしょう。

次戦は12月3日にカザフスタンと対戦。

高さのあるチーム相手にどう戦うか、しっかり見守りたいと思います。

渡邊雄太選手と八村塁選手抜きの日本代表の真価が(進化も)問われますな。

■グループF現在の順位
1位 オーストラリア(8勝1敗)※W杯出場決定
2位 イラン(6勝3敗)
3位 フィリピン(5勝4敗)
4位 日本(5勝4敗)
5位 カザフスタン(4勝5敗)
6位 カタール(2勝7敗)

2018/11/28(水)のトレログ

@会社屋上

  1. Slim Rubber で下半身トレ
  2. 懸垂 適量

 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク