逆境に屈しない揺るがない結束力!ウォーリアーズがファイナル進出!

シェアする

ウエストファイナル第7戦

ファイナル進出を決めたのは、

・・・

・・・

ウォーリアーズ!!!

[ウエストファイナル第7戦]
ウォーリアーズ 101 – 92 ロケッツ

前半の11点ビハインドをひっくり返し、

ウォーリアーズが逆転勝利!!

シリーズ戦績、勝3敗で、

ウォーリアーズがファイナル進出を決めました。

■ウォーリアーズの主なスタッツ

  • ケビン・デュラント:34得点、5リバウンド、5アシスト
  • ステフィン・カリー:27得点、10アシスト、9リバウンド
  • クレイ・トンプソン:19得点
  • ドレイモンド・グリーン:10得点、13リバウンド、5アシスト

■ロケッツの主なスタッツ

  • ジェームズ・ハーデン:32得点、6リバウンド、6アシスト
  • エリック・ゴードン:23得点
  • クリント・カペラ:20得点、9リバウンド
  • PJ・タッカー:14得点、12リバウンド

もう、なんというか、

勝ったウォーリアーズの選手も、

負けたロケッツの選手も、

みんなものすごかった!!

どっちもすごかったけど、

最後は経験の差、という言葉では片づけたくないけど、

ロケッツはプレーに精彩を欠いてしまったかなぁ。。。

逆境を跳ねのける勢いに、

ウォーリアーズの底力を見ました。

それではハイライト動画をどうぞ。

Warriors Rally Back In The Second Half To Win Game 7 Of The Western Conference Finals

Stephen Curry Catches Fire In The 3rd To lead The Dubs’ Comeback

KD Comes Alive In Game 7 To Punch Ticket To Second Straight NBA Finals

ウォーリアーズはイグダラ

ロケッツはクリス・ポール

両チームともキーマンのケガは回復せず、

残念ながら欠場。

スタメンだけでなく、ベンチメンバーを含めた、

チームの総合力が問われる試合でした。

そんな中、開始4分で、

クレイ・トンプソンがファウル3回!

早々にベンチへ。。。

リズムをつかめないウォーリアーズは全くシュートが決まらず。

第6戦同様、序盤はロケッツが先行。

ハーデンはドライブ、3P、シュートファウルをもらうなど、

1on1がキレッキレ。

鉄板のカペラへのアシストも何度も決まる。

エリック・ゴードンの3Pも決まる。

PJタッカーの3Pも決まる。

完全にロケッツペース

ウォーリアーズはしつこいロケッツディフェンスの前に沈黙。

頼みの3Pが決まらず、フリースローも入らずで八方ふさがり。

最大15点くらい?差がついたかなぁ。

前半終わって、43-54ロケッツが11点リード

さすがにこの展開はウォーリアーズの負けを覚悟しました。

しかーし!!

第3PD、カリーが、大・爆・発!!

ついに来ました、ウォーリアーズの ビッグウェーブ

カリーの連続3Pで息を吹き返したウォーリアーズは、

怒涛のオフェンス、驚異のシュート確率で一気に逆転!!

第3PDは、33-15とウォーリアーズがロケッツを圧倒!

ロケッツは、3Pが/14、

ウォーリアーズは/12。

前半とはまるで違う展開に。。。

第6戦の逆転劇もそうだったけど、

ウォーリアーズは3Pが全然入らなくても、

ひたすら打ち続ける。

全然めげない。

自信を失わない。

見てる方としても、

打ってはいるから、いずれ入るかも

入り出したらビッグウェーブが来るかも

そんな期待感がありますよね。

入らなくてもとにかく打つ、

入らなくてもパスを供給し続ける。

その裏にはそれを続ければ最後には絶対入る、勝てる。

お互いが強い信頼感で結ばれている

揺るがないチームの結束力

それがどんな逆境にも屈しない、

ウォーリアーズの強さの秘訣

見ていて応援したくなる。

王者にふさわしい、ほんとに良いチームです。

今日も最後に一言、

負けはしたけどロケッツもがんばってた。

特にベテラン33歳、PJタッカーの活躍、

チームのために体を張る姿に私は感動を覚えました。

ウォーリアーズを倒すためだけに作られたという今年のロケッツ。

目標は達成できなかったけど、素晴らしいチームでした。

プロは結果が全てだろうから、また大きなトレードがあるかもしれない。

でもせっかくこれだけファンを魅了するチームになったのだから、

主要メンバーは残して欲しいなぁ。。。

お願い!タッカーは残して!


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク