リオオリンピックで気になった選手、セルビア代表Milos Teodosic

先日のリオオリンピックで気になった選手を紹介、その2。

セルビア代表、Milos Teodosic

ミロシュ・テオドシッチ
Milos Teodosić
Miloš Teodosić .jpg

PBC CSKAモスクワ  No.4
ポジション PG/SG
背番号 4
身長 196cm  (6 ft 5 in)
体重 86kg (190 lb)
基本情報
本名 ミロシュ・テオドシッチ
ラテン文字 Milos Teodosić
セルビア語 Милош Теодосић
誕生日 1987年3月19日(29歳)
セルビアの旗 セルビア
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア セルビア共和国
コルバラ郡ヴァリェヴォ
ドラフト
選手経歴
2004-2005
2005-2006
2006-2007
2007-2011
2011-
ジェレズニク・ベオグラード ジェレズニク・ベオグラード
ボラツ・チャチャク ボラツ・チャチャク
ジェレズニク・ベオグラード ジェレズニク・ベオグラード
オリンピアコス オリンピアコス
CSKAモスクワ CSKAモスクワ

引用元 : ミロシュ・テオドシッチ – Wikipedia

「ミロシュ・テオドシッチ」と読むらしい。

これまた読み方が難しい。

前回のオリンピック?世界選手権?のときだったかな、

プレーを初めて見てたときから気になっていた選手。

ひょうひょうとした佇まいからキラーパスをガンガン出します。

196cmのサイズでフィジカルが強く、緩急の出し方がとてもうまい。

パスだけでなくシュート力もあります。

ヨーロッパではNo.1ポイントガードとの呼び声も高いらしい。

決勝のアメリカ戦は大差で負けてしまったものの、

テオドシッチのプレーは輝きを放っていました。

Milos Teodosic on Fire vs USA

Milos Teodosic-Full Highlights Rio 2016 (Part 1)

オーストラリア代表のデラベドバが翻弄されてますね。

現在はユーロリーグの名門CSKAモスクワに所属とのこと。

NBAでプレーする姿が見たいなぁ。

2016/9/7(水)のトレログ

@自宅

  1. 梁で懸垂 10-8-6
  2. スクワット 適量
  3. チューブトレーニング 下半身
  4. 足首のリハビリ

今週末からALL JAPAN予選の長野県総合選手権大会が開幕。

右足首の調子上がらず。

まともにプレーできるかなぁ。

スポンサーリンク