ALL JAPAN 2017は千葉ジェッツが優勝!初の日本一!

大雪、30cmの積雪に見舞われた成人の日の塩尻。

朝から昼までがっつり雪かきをした後、

ALL JAPAN 2017 男子決勝のテレビ中継をじっくり観戦しました。

ALL JAPAN優勝の栄光を手にしたのは、千葉ジェッツ!

栃木ブレックス、シーホース三河、川崎ブレイブサンダースと、

優勝候補を立て続けに退け、堂々の優勝でした。

序盤は緊張からか、両チームとも硬さが目立ちましたね。

先にペースをつかんだのは川崎だったけど、流れを変えたのは千葉のベンチメンバー。

特にガードの阿部選手!

ハードなディフェンスとバランスの良いゲームメイクで流れを引き戻しました。

いったんリズムに乗ってからは、伸び伸びと好プレーを続けた千葉の選手たち。

一方、川崎は個の奮闘が目立ち、なかなかチームプレーが機能しない。

両チームのタイムアウトの様子を見ても、

覇気があふれる千葉ベンチに対し、川崎ベンチは元気なかったですね。

川崎は最後まで思い切りの良くないプレーで調子をつかめず。

千葉が66-88で勝利し、初の日本一!

おめでとう千葉ジェッツ!

いやー富樫選手、やっぱりうまかった。

■大会結果
優 勝 千葉ジェッツ(初)
準優勝 川崎ブレイブサンダース
第3位 シーホース三河
第3位 アルバルク東京

■大会ベスト5
富樫 勇樹 (千葉ジェッツ/#2/初)
タイラー・ストーン (千葉ジェッツ/#33/初)
小野 龍猛 (千葉ジェッツ/#34/初)
ニック・ファジーカス (川崎ブレイブサンダース/#22/3年ぶり2回目)
田中 大貴 (アルバルク東京/#24/2年連続2回目)

2017/1/9(月)のトレログ

@自宅

  1. 自宅近隣道路の雪かき 1時間
  2. 保育園の雪かき 1時間
  3. 自宅敷地内の雪かき 1時間

前日の初バスケの筋肉痛があるなか、合計3時間の雪かき!

疲労困憊です。


実戦で活かせるドリブル&ハンドリングテクニック集

実戦で活かせるドリブル&ハンドリングテクニックを徹底マスター!

masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク