国体選手最終選考会、3位でした

シェアする

2017シーズンの開幕県大会「国体選手最終選考会」、

我がANTELOPESは準決勝で負け、3位決定戦に勝ち、

第3位

という結果に終わりました。

⇒ アンテ日記 | 国体選手最終選考会、最終結果速報

新シーズン開幕戦は第3位

主力にアメリカ帰り、福井出戻り、移籍の3人が加わり、

オンザコートメンバーが大きく変わった新生ANTELOPES。

一緒にプレーしたことがない選手の組み合わせが多く、チームとしてはまだまだ手探り。

大会前からチームワーク、連係の部分の課題は見えていました。

現時点では「選手がお互いの良いところを最大限に引き出す」ことを今大会の目標に据え、

完全フリーランスのスタイルで全試合全力でやり切りました。

自分がどう動きたいか、相手にどう動いて欲しいか。

うまくいくこと、うまくいかないことを重ね、かすかにだけどチームの方向性が見えてきた。

組織的なディフェンス相手には難しい部分が多かったけど、

そんな中でも、わずかな “うまくいったこと” をヒントに、

今後のチーム作りをしていきたいと思います。

ここ数年のアンテは「劣勢になったときのもろさ」が顕著になっていたけども、

今大会は悪い状況のときに声をかけ合い、誰かが気迫のこもったプレーをみせることで、

その気迫がチームに伝染し持ち直すという、しびれる現象も起こりました。

特にプレータイムが限られたベンチ選手がピンポイントで出場して、

献身的なプレーをこなす!流れを変えるビッグプレーを決める!

その勢いにチームがライドオン!

そう!これ!!

これだ!これだ!

これこそがANTELOPES!

これをどんな試合でも出せるのがANTELOPESだ!!

選手の人数が増えたおかげで、プレータイムをシェアできるメリットがある半面、

プレータイムが減ることでモチベーションを維持しにくいデメリットもあります。

だけど!

そんな小さいことを気にせず、全員がチームの勝利に貢献するのが、

ANTELOPESぅぅう!!

なんかこの記事を書いていて興奮してきちゃいましたが、

今のこの感覚はアンテを作ろうと心に決めた12年前の、

「まずは県大会優勝だ!」

「このチームを強くするぞ!」

という熱い気持ちに似ている気がする。。。

もういい年なのに、

なんだかとってもワクワクしています(笑)

やるぞ、やるぞ、やるぞぉぉお!

たくさんのご声援ありがとうございました m(_ _)m

2017/4/22(土)のトレログ

@飯田市上郷体育館

  1. 公式戦 2試合 1/3くらい出場

2017/4/23(日)のトレログ

@飯田市鼎体育館

  1. 公式戦 2試合 5分だけ出場


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク