北信越ミニ国体、2勝2敗で無念の4位

行ってきました福井。

挑んできました北信越ミニ国体

スポンサーリンク

北信越ミニ国体、チーム長野の戦績

必勝で挑んだ我がチーム長野の結果は、

[1日目]

長野 ○ 78 – 68 ● 富山

長野 ● 64 – 65 ○ 新潟

[2日目]

長野 ● 71 – 80 ○ 石川

長野 ○ 71 – 67 ● 福井

2勝2敗、ゴールアベレージ(得失点差?)で、

第4位

という残念な結果に終わってしまいました。

〈成年男子 最終結果〉

1位:新潟県(4勝)

2位:福井県(2勝2敗)

3位:石川県(2勝2敗)

4位:長野県(2勝2敗)

5位:富山県(4敗)

本国体出場ならず!

無念です。

チーム長野にとって、キーとなったのは第2戦目の新潟戦。

残り5分で8点リードしていたものの、そこから連続3Pで一気に追いつかれて、残り30秒で1点ビハインド。

この緊張する場面で、渾身の勝ち越しゴールを決め、残り20秒で1点リード!

しかし、

最後の相手オフェンスをしのげず、残り10秒で再び逆転を許してしまい、、、

そのまま試合終了。

非常に悔しい逆転負けとなりました。

続く2日目の石川戦。

どん底に落ちたモチベーションをみんなで盛り上げ、気迫十分でのぞみました。

序盤から高い集中力でプレーし、自分たちのペースで試合が進み、前半はチーム長野が11点リード。

しかし、

この試合も終盤、失速していまいました。

最後は相手オフェンスを止められず、逆転負け。。。

勝ち切ることの難しさを痛感した2試合となりました。

1桁差の負けはベンチワークの責任

昔から恩師が繰り返していた言葉です。

まさにその通りだと思います。

やってしまいました。

どちらの負けも逆転負け。

勝つチャンスは十分にあったのに。

これまでの練習、練習試合では、チームの仕上がりは上々で手応えを感じていました。

だけど、本番で選手の持っている力を100%引き出すことができなかった。

完全に私の力不足でした。

遠く長野から福井まで応援に来ていただいた関係者の皆様、

たくさんの応援、差し入れありがとうございました。

そして、選手のみんな、2カ月半本当にお疲れ様でした。

こんな未熟な監督についてきてくれてありがとう!

優勝できなくて残念だったけど、一緒にバスケできて楽しかったです!

お疲れした!


実戦で活かせるドリブル&ハンドリングテクニック集

実戦で活かせるドリブル&ハンドリングテクニックを徹底マスター!

masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事

スポンサーリンク

シェアする

フォローする