チーム長野「福井しあわせ元気国体」第3位入賞!

シェアする

行ってきました、福井しあわせ元気国体!

全力を尽くしてきました!

結果は・・・、

[1回戦]

シードのため試合無し

[準々決勝]

長野 ○ 91 – 67 ● 鹿児島

[準決勝]

長野 ● 69 – 78 ○ 秋田

準々決勝は突破したものの、準決勝で前年王者の秋田に敗れ、

優勝ならず・・・。

47都道府県、本国体12チームの頂点に本気で挑みましたが、力及ばず。ベスト4で力尽きました。

スポンサーリンク

準々決勝 VS 鹿児島

準々決勝の鹿児島戦は、選手一人一人が躍動し、チーム長野の持ち味を十二分に発揮!

B3選手がそろう相手に、いつも通りのプレーができ(カッチカチディフェンス → 全員リバウンド → 速攻 → ゴールアタック → 3P)、点差を広げての会心の勝利でした。

この勝利でベスト4第3位が確定。長野県成年男子としては、40年前の長野県開催「やまびこ国体」以来の快挙ということで、翌日の信濃毎日新聞に大きく掲載していただきました。

準決勝 VS 秋田

続く準決勝、相手は前年王者、チーム秋田。実業団日本一のJR秋田軍団。優勝するためには絶対倒さなければならない相手。全力で挑みましたが・・・。

出だし、相手インサイドを抑えられず、0-8。高さも、パワーも、スピードも兼ね備える秋田に圧倒される厳しい立ち上がり。さらに主力選手のファウルトラブルも重なり、いきなり絶体絶命のピンチ。

しかし、チーム長野も徐々にアジャスト。持ち前のスピードバスケを展開し、一気に同点まで追い上げました。その後は一進一退の攻防。38-39の1点ビハインドで後半へ。

勝負の後半、長野ペースに持ち込もうと頑張るも、秋田の巧みな戦術に対応できず。徐々にリードを拡げられる苦しい展開。

コート上の選手は全力でプレーし、ベンチメンバーは全力で声を張り上げ、チーム一丸で勝利を目指しましたが・・・逆転には至らず。69-78で試合終了。

・・・負けた orz。

決勝は秋田と福岡が対戦。92-69で秋田が快勝し、秋田が2連覇を達成しました。

史上最高のチーム長野

準決勝で負けてしまったので、悔しさばかりが残っています。

あの場面でもっと良い指示ができたんじゃないか、あの場面であの選手を出せばよかったんじゃないか、あの場面では・・・、振り返るとベンチワークの反省点がどんどん出てきてしまう。

負けて終わる大会っていうのは、本当につらいです。。。

でも、

今年のチーム長野は強かった!

チーム力という意味では、優勝した秋田にも負けてなかったと思います。

40年ぶり、長野県史上最高タイ記録の、

第3位!

反省は個人的にするとして、チームとして勝ち取ったこの好成績を素直に喜ぶことにします ^^

6月から4カ月にわたって活動してきたチーム長野。ここまでの道のりは長かったなぁ。

選手・スタッフ、メンバー全員が全力で目指した「史上最高のチーム長野」。

選抜チームでありながら、ここまで完成度の高いチームプレー、勝利に向かって一丸となって戦うチームになれたのは、メンバー全員が目標に向かって一つになれたから。

優勝はできなかったけど、自分史上最高のチーム長野になれたと思います。

これにて2018年チーム長野は解散!

4カ月という長期間にわたり、選手・スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。次は対戦相手としてお互い全力でぶつかりましょう!

さいごに、

長野県体育協会関係者の皆さま、長野県バスケットボール協会関係者の皆さま、選手・スタッフのご家族、所属チームの皆さま、職場の皆さま、多大なご支援本当にありがとうございましたm(_ _)m


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする