コービー・ブライアント今季終了後の現役引退を表明

ついにコービー・ブライアントが今季終了後の現役引退を表明しました。

僕のハートは批判を受け入れることができる。また、僕の意識は苦しいことにも耐えられる。けれど、僕の肉体は、もう潮時ということをわかっている

Kobe Bryant’s Top 10 Plays of his Career

レイカーズ20年のキャリアで17度のオールスター出場、

5度の優勝(2000、2001、2002、2009、2010)、

通算得点で歴代3位。

NBAには、巧い選手や強い選手はたくさんいるけれど、

華のある選手はなかなかいない。

ジョーダン引退後のNBAを引っ張ったのは、

間違いなくコービーでしたよね。

自分にとって一番プレーを参考にした(真似した)選手は、

過去の映像で見るジョーダンよりも、

リアルタイムにプレーしていたコービーでした。

プレーしたい気持ちはあるけれど、

カラダが言うことを聞いてくれない。

わかるなぁ。

2015/11/30(月)のトレログ

@会社屋上

  1. ランジウォーク(往:アームカール、復:ショルダープレス) 3往復
  2. ドリブル練習 少々

スポンサーリンク