2018NBAスラムダンクコンテスト!優勝はドノバン・ミッチェルだったけど、ラリー・ナンスJr.も良かった!

シェアする

NBAオールスター2018」が開催されました!

ゲームの方はまだ見ていないですが、スラムダンクコンテストはYouTubeのハイライトでしっかり見ました。

優勝は、ジャズのドノバン・ミッチェル

190cmというサイズながら高いジャンプと切れのあるダンクで、優勝を勝ち取りました。

2018 NBA Slam Dunk Contest – Full Highlights | 2018 NBA All-Star Saturday Night

Larry Nance Jr. and Donovan Mitchell Perform Same Dunks As Larry Nance Sr. and Vince Carter!

個人的にはですが、ラリー・ナンスJr.の方が良かったかなぁと思ってます。206cmというビッグサイズにもかかわらず、あの驚異的な跳躍力は圧倒的でしょう。オールスターという大舞台で、かつてお父さんがやったダンクを再現したというのも、お父さんへのリスペクト、親子愛を感じました。お父さんはうれしかっただろうなぁ。

ドノバン・ミッチェルビンス・カーター360度ウィンドミルダンクを再現したんだけども・・・、さすがにビンス・カーターの切れと破壊力に比べると少し見劣りするという印象を受けたなぁ。

というかビンス・カーターのダンクってジャンプ力だけじゃなく、切れ、スピード、破壊力、空中姿勢の美しさ・・・すべてそろってましたよね。改めて、ビンス・カーターのダンクってすごかったな!と思いだしたダンクコンテストになりました。

2018/2/18(日)のトレログ

@自宅

  1. ロードワーク 5km
  2. 片足腕立て 50
  3. ボックスジャンプ 適量
  4. 梁で懸垂 10


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク