NBAスキルコーチが教える30秒のタイトなハンドリング練習(動画有り)

シェアする

今日はYouTube見つけた、

30秒のタイトなハンドリング練習

をご紹介します。

教えてくれるのは、

NBAのパーソナルトレーナーとしておなじみ、

Drew Hanlen(ドリュー・ハンレン)さん。

ハンレンさんは以前、

相手を左右に揺さぶられるようになるドリブル練習

でもご紹介しました。

相手を左右に揺さぶられるようになるドリブル練習(動画有り)
今日はYouTube見つけた、 「相手を左右に揺さぶられるようになるドリブル練習」 をご紹介します。 教えてくれる...

今回のドリブル練習動画はこちら。

↓ ↓ ↓

Tighter HANDLES In 30 Seconds with NBA Skills Coach Drew Hanlen

片手で素早くインアウトドリブル(動画では「クイック」っ言ってる)して、そこから、クロスオーバー(「クロス」)、レッグスルー(「ビトウィーンザレッグ」)、ビハインド(「ビハインドザバック」)を織り交ぜる9つのコンビネーションを連続で行います。

やっていることを順番に書き起こすと、

  1. クイック、クイック、クロス、クロス
  2. クイック、クイック、クロス、レッグスルー
  3. クイック、クイック、クロス、ビハインド
  4. クイック、クイック、レッグスルー、クロス
  5. クイック、クイック、レッグスルー、レッグスルー
  6. クイック、クイック、レッグスルー、ビハインド
  7. クイック、クイック、ビハインド、クロス
  8. クイック、クイック、ビハインド、レッグスルー
  9. クイック、クイック、ビハインド、ビハインド

これを30秒以内でやる・・・のかな。

ドリューさんは15秒もかからずにやっているけども。。。あ、左右両方の手でやって、左右合わせて30秒以内ってことか(最後に「ボウスハンド・・・サーティーセカンズ・・・」みたいなこと言ってるし)。

よし!さっそく昼休みに屋上でやってみよう!

と思ったら・・・、雨降ってた。。。

週末、体育館に行くので練習してみます。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク