ジェイソン・テイタム躍動!大活躍は頼もしい兄貴のおかげ!?

シェアする

イーストファイナル第5戦、

シリーズの分かれ目になると予測した

注目のこの一戦は、

セルティックスが勝利!

[イーストファイナル第5戦]
セルティックス
 96 – 83 キャブス

出だしからジェイソン・テイタムがすごかった。

ドライブ、アシスト、高確率の3Pで、セルティックスオフェンスをけん引!

さらにディフェンスでも、基本に忠実なディナイでキャブスのパスを何度も遮断。

攻守にわたって大活躍でした。

Jayson Tatum Lights Up TD Garden With A Game 5 Win vs The Cavs

ロケッツとウォーリアーズの試合を見た後だと、

どうも迫力にかけた試合でした。

ディフェンスがソフト、というか、

ディフェンスの運動量が少ない。

省エネして手ばっかり出してる。

特にキャブスは全然ボールマンを追ってない。

このディフェンスじゃ、ロケッツとウォーリアーズの3Pは止められないだろうなぁ。

Top 5 Plays of the Night | May 23, 2018

この試合一番の盛り上がりは、

マーカス・モリスラリー・ナンスJr.の取っ組み合い。

モリスがナンスJr.に強めのファウルをした後、床に倒れているナンスJr.に何かを言い、それに怒ったナンスJr.がモリスを突き飛ばす!という流れ。

ここで私が注目したのは、当人の二人ではなく、

セルティックスの若頭、マーカス・スマート!

取っ組み合いが始まったとき、一番遠くにいたのに、

いち早く現場に直行し、一番前に立ちはだかる!

ほんとに頼もしい兄貴(笑)

こういう先輩がいると、後輩は伸び伸びプレーできますね。

両チームとも、選手に疲れが見えたこの第5戦、

若い選手の運動量の多さが目立ちました。

こうなってくるとキャブスは厳しくなってきますね。

これでセルティックスが3勝2敗と王手!

第6戦、レブロンの大爆発に期待します。

2018/5/22(火)のトレログ

@会社屋上

  1. 片足スクワット 10kg 20-20-20
  2. スクワット トゥジャンプ 10-10-10
  3. ドリブル練習 Hip Swivelの練習

Hip Swivel!


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク