セルティックスが2連勝!強いチームの共通点

シェアする

イースタンカンファレンス・ファイナル第2戦は、

セルティックス 107 – 94 キャブス

ホームのセルティックスが2連勝!

出だしからレブロンが積極的にシュートを放ち、

レブロンに引っ張られるようにペースをつかんだキャブス。

前半はセルティックスのシュート確率が上がらず、

キャブスが終始リードして、55-48の7点リードで折り返す。

レブロンは第1PDだけで、21得点(8/13)!

LeBron Off To A Blazing Hot Start With 21 Points In The First

前半、セルティックスはシュート確率が悪かったけれど、

それでもいつも通り、しっかりボールを動かして、

良いシュートを打ち続けてた。

シュートが決まらなくても自分たちのバスケをやり続けられる。

相手にリードされても個人プレーに走らない。

これはウォーリアーズも同じ。

強いチームの共通点。

Jaylen Brown Leads Celtics To A 2-0 Series Lead vs The Cavaliers

後半、よりハードになったセルティックスディフェンスに対し、

キャブスの足が止まり、セルティックスが一気に逆転。

セルティックスのマーカス・モリス、バスカン決めて雄たけび!

気合い入りまくりです。

その後、セルティックスがリードを二桁まで広げ、そのまま試合終了。

レブロン42得点、10リバウンド、12アシストのトリプルダブル

だったけど、最後の方は失速、だいぶ疲れが見えました。

(出だしからあれだけ攻めてれば無理ない)

セルティックスはジェイレン・ブラウン23得点を筆頭に、

テリー・ロジアー18得点アル・ホーフォード15得点、10リバウンド

とバランスの良いオフェンスを展開。

主なスタッツやハイライトには上がってこないけど、

私がこの試合で一番勝敗に影響を及ぼしたと感じたのは、

マーカス・スマート!

ベンチスタートだけど、30分以上出場して、

11得点、5リバウンド、9アシスト!

この男の球際の強さ、攻守にわたるハードワーク、

仲間が受けたハードファウルにも激昂する闘争心が、

キャブスのメンタルに大きなダメージ与えたように見えました。

レブロンが40点取っても勝てないキャブス。

レブロンが50点以上取らないと勝てないかもしれない。

2018/5/16(水)のトレログ

@会社屋上

  1. 片足スクワット 10kg 20-20-20
  2. トゥ スクワットジャンプ 10-10-10
  3. トゥ つま先ジャンプ 10-10-10
  4. ドリブル練習 少々

今日は今年一番の暑さ??

汗だくになりました。。。


 

1対1で抜けない、DFのプレッシャーで思うように動けない(涙)・・・。手先が器用になりさえすれば、ドリブルが上達すると思うのは大きな間違い。ドリブルの秘訣は体のすべての筋肉を使ってボールを制御する全身運動だった!?元アシスト王が選手目線で教えてくれる実戦で活かせる革命的なドリブル上達法とは?

⇒ masshiの「バスケットボールドリブル上達革命」解説記事


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク